2023/11/29

【セキュリティ事件簿#2023-431】鎌倉市 鎌倉版フォルケホイスコーレ事業における個人情報の流出について


内容

令和5年10月20日、鎌倉版フォルケホイスコーレ事業運営業務として、業務を委託しているアカデミック・リソース・ガイド株式会社(以下「受託事業者」という。)が作成した事業への参加申込画面において、38名(申込者19名、緊急連絡先19名)の個人情報が閲覧可能の状態であったことが判明しました。

関係者の方々には、御心配、御迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

経過

令和5年10月20日午後1時30分、鎌倉版フォルケホイスコーレ事業のホームページを閲覧していた方から市に連絡があり、ホームページにリンクされた事業への参加申込画面において、参加申込者等の申込受付時の回答内容(個人情報を含む)が閲覧可能な状態となっていたことが判明しました。

閲覧可能となっていた情報は、本事業への参加申込を行う際に記載を求めた項目で、申込者の氏名、メールアドレス、生年月日、性別、住所、電話番号、緊急連絡先の氏名、緊急連絡先電話番号、緊急連絡先のご本人との続柄、健康上の留意点、プログラムへの質問内容の11項目でした。

対応

通報後、速やかに市から委託事業者に連絡し、参加申込画面の設定を変更し閲覧ができない状態にするとともに、令和5年10月20日から23日にかけて市及び受託事業者から38名の方に対し、謝罪及び今後の対応をお伝えいたしました。

再発防止対策

今回の事故の原因は、受託事業者において、Google社が提供するオンラインフォーム作成ツールを用いて参加申込画面を作成した際、回答の概要を表示しないよう設定するべきところを誤って「回答の概要を表示する」と設定していたことによるものです。同社からは、今後はオンラインフォーム作成にあたりダブルチェックを行い、再発防止の徹底に努める旨の報告を受けています。 また、市としても職員がオンラインフォームの確認を徹底することで再発防止に努めます。