JAL燃油サーチャージの定点観測(~2024年5月)

燃料チャージ

燃油サーチャージ(JAL)の定点観測を行っていきます。

燃料サーチャージの元ネタはシンガポールケロシンとされており、シンガポールケロシンはTradingViewで確認できる(銘柄コード:AKS1!)


TradingView(銘柄コード:AKS1!)

燃料サーチャージはシンガポールケロシンの遅行指数となっており、約2か月ほど遅れている。

つまり、シンガポールケロシンが上昇している状況であれば早めに航空券を抑えた方が良い。

逆にシンガポールケロシンの価格が天井を打って下降している状況で、スケジュール的に余裕があるのであれば、次の燃料サーチャージの改定まで待つのが良い。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/fare/fuel/detail.html


【日本欧州、北米、中東、オセアニア】※片道

2024年4月~2024年5月:33,000円

2024年2月~2024年3月:43,600円

2023年12月~2024年1月:47,000円

2023年10月~2023年11月:33,400円

2023年8月~2023年9月:28,800円

2023年6月~2023年7月:33,400円

2023年4月~2023年5月:36,800円

2022年12月~2023年3月:47,000円

2022年10月~11月:57,200円

2022年8月~9月:47,000円

2022年6月~2022年7月:36,800円

2022年4月~2022年5月:20,200円

2022年2月~2022年3月:17,500円

2021年10月~2022年1月:11,600円

2021年6月~2021年9月:7,700円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:10,500円

2019年8月~2019年9月:14,000円

2019年6月~2019年7月:10,500円

2019年4月~2019年5月:7,000円

2019年2月~2019年3月:17,500円

2018年8月~2019年1月:14,000円

2018年2月~2018年7月:10,500円

2017年12月~2018年1月:7,000円

2017年8月~2017年11月:3,500円

2017年4月~2017年7月:7,000円

2017年2月~2017年3月:3,500円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:7,000円


【日本-ハワイ、インドネシア、インド、スリランカ】※片道

2024年4月~2024年5月:21,000円

2024年2月~2024年3月:28,200円

2023年12月~2024年1月:30,500円

2023年10月~2023年11月:21,300円

2023年8月~2023年9月:18,400円

2023年6月~2023年7月:21,300円

2023年4月~2023年5月:23,600円

2022年12月~2023年3月:30,500円

2022年10月~11月:37,400円

2022年8月~9月:30,500円

2022年6月~2022年7月:23,600円

2022年4月~2022年5月:12,700円

2022年2月~2022年3月:11,000円

2021年10月~2022年1月:6,600円

2021年6月~2021年9月:4,400円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:6,000円

2019年8月~2019年9月:8,500円

2019年6月~2019年7月:6,000円

2019年4月~2019年5月:4,000円

2019年2月~2019年3月:11,000円

2018年8月~2019年1月:8,500円

2018年2月~2018年7月:6,000円

2017年12月~2018年1月:4,000円

2017年8月~2017年11月:2,000円

2017年4月~2017年7月:4,000円

2017年2月~2017年3月:2,000円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:4,000円


【日本-タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ロシア(ノヴォシビルスク)】※片道

2024年4月~2024年5月:18,000円

2024年2月~2024年3月:23,000円

2023年12月~2024年1月:24,700円

2023年10月~2023年11月:17,900円

2023年8月~2023年9月:15,000円

2023年6月~2023年7月:17,900円

2023年4月~2023年5月:19,600円

2022年12月~2023年3月:24,700円

2022年10月~11月:29,800円

2022年8月~9月:24,700円

2022年6月~2022年7月:19,600円

2022年4月~2022年5月:9,800円

2022年2月~2022年3月:8,500円

2021年10月~2022年1月:5,000円

2021年6月~2021年9月:3,300円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:4,500円

2019年8月~2019年9月:6,500円

2019年6月~2019年7月:4,500円

2019年4月~2019年5月:3,000円

2019年2月~2019年3月:8,500円

2018年8月~2019年1月:6,500円

2018年2月~2018年7月:4,500円

2017年12月~2018年1月:3,000円

2017年8月~2017年11月:1,500円

2017年4月~2017年7月:3,000円

2017年2月~2017年3月:1,500円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:3,000円


【日本-グアム、パラオ、フィリピン、ベトナム、モンゴル、ロシア(イルクーツク)】※片道

2024年4月~2024年5月:11,000円

2024年2月~2024年3月:16,100円

2023年12月~2024年1月:17,800円

2023年10月~2023年11月:11,000円

2023年8月~2023年9月:9,200円

2023年6月~2023年7月:11,000円

2023年4月~2023年5月:12,700円

2022年12月~2023年3月:17,800円

2022年10月~11月:22,900円

2022年8月~9月:17,800円

2022年6月~2022年7月:12,700円

2022年4月~2022年5月:5,800円

2022年2月~2022年3月:5,000円

2021年10月~2022年1月:3,300円

2021年6月~2021年9月:2,200円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:3,000円

2019年8月~2019年9月:4,000円

2019年6月~2019年7月:3,000円

2019年4月~2019年5月:2,000円

2019年2月~2019年3月:5,000円

2018年8月~2019年1月:4,000円

2018年2月~2018年7月:3,000円

2017年12月~2018年1月:2,000円

2017年8月~2017年11月:1,000円

2017年4月~2017年7月:2,000円

2017年2月~2017年3月:1,000円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:2,000円


【日本-中国、台湾】※片道

2024年4月~2024年5月:8,500円

2024年2月~2024年3月:10,300円

2023年12月~2024年1月:11,100円

2023年10月~2023年11月:8,400円

2023年8月~2023年9月:7,100円

2023年6月~2023年7月:8,400円

2023年4月~2023年5月:9,900円

2022年12月~2023年3月:11,400円

2022年10月~11月:12,900円

2022年8月~9月:11,400円

2022年6月~2022年7月:9,900円

2022年4月~2022年5月:5,200円

2022年2月~2022年3月:4,500円

2021年10月~2022年1月:2,800円

2021年6月~2021年9月:1,700円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:2,500円

2019年8月~2019年9月:3,500円

2019年6月~2019年7月:2,500円

2019年4月~2019年5月:1,500円

2019年2月~2019年3月:4,500円

2018年8月~2019年1月:3,500円

2018年2月~2018年7月:2,500円

2017年12月~2018年1月:1,500円

2017年8月~2017年11月:500円

2017年4月~2017年7月:1,500円

2017年2月~2017年3月:500円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:1,500円


【日本-韓国、極東ロシア】※片道

2024年4月~2024年5月:3,500円

2024年2月~2024年3月:5,300円

2023年12月~2024年1月:5,900円

2023年10月~2023年11月:3,500円

2023年8月~2023年9月:2,900円

2023年6月~2023年7月:3,500円

2023年4月~2023年5月:4,100円

2022年12月~2023年3月:5,900円

2022年10月~11月:7,700円

2022年8月~9月:5,900円

2022年6月~2022年7月:4,100円

2022年4月~2022年5月:1,800円

2022年2月~2022年3月:1,500円

2021年10月~2022年1月:600円

2021年6月~2021年9月:400円

2020年6月~2021年5月:0円

2019年10月~2020年5月:500円

2019年8月~2019年9月:1,000円

2019年6月~2019年7月:500円

2019年4月~2019年5月:300円

2019年2月~2019年3月:1,500円

2018年8月~2019年1月:1,000円

2018年2月~2018年7月:500円

2017年12月~2018年1月:300円

2017年8月~2017年11月:200円

2017年4月~2017年7月:300円

2017年2月~2017年3月:200円

2016年4月~2017年1月:0円

2015年12月~2016年3月:300円

ーー

一部の国では消費者保護などの趣旨で、燃油サーチャージ禁止もしくは一定額以内というルールがある。

アジア・オセアニア地域では、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド等が該当するので、これらの国を出発地とする海外発券を行うと、サーチャージの影響を回避することが可能。

JALマイルの特典航空券でも、サーチャージ禁止国を出発国にすると、サーチャージが0円になるし、サーチャージ不要の航空会社を選択するという手段もある。

サーチャージ不要になる代表的なJAL提携航空会社は以下のとおり。

  • アメリカン航空
  • ハワイアン航空
  • マレーシア航空
  • 大韓航空
  • カタール航空
  • エールフランス
  • スリランカ航空

こういった仕組みもうまく活用していきたい。

参考:燃油サーチャージの推移 2023年最新!過去7年間をシンプルに網羅

参考:【燃油サーチャージがない航空会社一覧】JALマイルを使ったJMB提携航空特典航空券が激アツ

【セキュリティ事件簿#2024-044】株式会社アイル 当社サーバーへの不正アクセスによるシステム停止事案のお知らせ

 

この度、当社ファイルサーバーへのウイルス感染により、検体検査の遅延が発生し、大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。これまでに判明している経緯と対応につきまして、以下の通りお知らせいたします。

1.これまでの経緯

2024/2/5 早朝、文書管理サーバーにて障害を感知し、確認したところ、サーバーにてウイルス感染を確認いたしました。

直ちに、被害拡大を防止するため、全システムを停止させ全ての経路を遮断し、影響範囲の確認と特定および対策・復旧を行いました。

① 8:20 頃 サーバー障害を確認
② 8:45 頃 サーバーへのウイルス感染を確認
③ 8:50 頃 ネットワーク遮断
④ 9:00 頃 管理会社への支援要請
⑤ 10:00 頃 影響範囲の確認と特定および対策・復旧対応開始

2.現況及び今後の対応

現在、検査業務については平常に戻り結果報告の遅延はありません。ランサムウェア感染に関しては、所轄警察署ならびに第三者機関の個人情報保護委員会、プライバシーマーク審査機関への報告を済ませております。

更に、ウイルス感染したサーバーを外部機関に解析調査依頼し、被害状況や情報漏洩度など詳細な解明を行い、恒久的対策を検討してまいります。

現時点においては個人情報の流出は確認されておりませんが、流出の完全否定は出来ておりませんので、引き続き調査を進めてまいります。

【セキュリティ事件簿#2024-043】株式会社山田製作所 ランサムウェア被害に関する調査結果のご報告(第2報)

当社の一部サーバが暗号化されるランサムウェア被害の発生により、お客様はじめ多くのご関係先にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

本件に関する調査は現在も継続中ではございますが、現時点(2024 年2月8日現在)での調査結果、対応状況及び今後の対応につきまして下記のとおりご報告申し上げます。 

1.調査結果

・ 本件は、巧妙にサーバ保存情報の暗号化やアクセスログの抹消を伴うランサムウェアによる「標的型攻撃」であることを確認しました。

・ 今回の攻撃による当社保有の個人情報や企業情報の流出は、現時点では確認されておりません。

2.対応状況

・ 対策本部を設置し、外部専門家の協力のもと調査・復旧対応を継続しております。

・ 群馬県警への相談を実施し、指導を受けております。

・ これまで、対応の一環として外部ネットワークや一部社内システムの遮断等を実施しておりましたが、外部専門家の指導のもと、被害サーバの隔離及びその他の端末のフルスキャン等を実施し、安全性が確認されたシステムから順次稼働を再開しております。

3.今後の対応

・ 引き続き、警察や外部専門家と連携し、本件の全容解明・再発防止に向け取り組んでまいります。

【セキュリティ事件簿#2024-043】株式会社山田製作所 ランサムウェア被害発生のお知らせ(第 1 報)


このたび、当社の一部サーバが暗号化されるランサムウェア被害が発生しております。

本件について、現在対策本部を設置し、外部専門家の助言を受けながら影響の範囲等の調査と復旧への対応を進めております。また、警察などの関係機関への相談も開始しています。関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

1.経緯

2 月 6 日(火)深夜に、当社一部サーバが暗号化されるランサムウェアによる被害が発生していることを確認致しました。直ちに外部専門家の協力のもと調査を開始し、迅速に対応を進めるべく対策本部を立ち上げました。

2.現在の状況・今後の対応

今回の被害への対応として、外部ネットワークを遮断しております。なお、情報の流出等
の有無については現在調査中です。

今後の調査の進捗に伴い、状況が分かり次第当社ホームページ等でご連絡致します。

【セキュリティ事件簿#2024-042】株式会社日水コン コーポレートサイトの一時閉鎖に関するお知らせとお詫び

 

平素より、株式会社日水コンのコーポレートサイト(以下「当社サイト」という。)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社サイトが第三者からの不正アクセスにより改ざんされ、不適切なサイトが表示されていたことが判明いたしました。そのため、当社サイトを一時的に閉鎖し調査を行っております。         

ご利用いただいております皆さまには、ご心配やご迷惑、ご不便をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

【経緯と対応について】

2024年1月28日(日)、当社サイトに不正アクセスの可能性があることを確認し、安全確保のため閉鎖いたしました。

当社では、この問題に対処するため早急に対策本部を設置し、外部専門家の助言を受けながら、原因の特定や被害状況の確認、情報流出の有無について調査を行っております。また、この事態を重く受け止め、警察への相談を開始しております。

引き続き、外部専門家や警察と連携の上、対応を進めてまいりますが、被害の全容把握には今しばらく時間を要することが見込まれます。

何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

リリース文アーカイブ

【セキュリティ事件簿#2023-464】LINE ヤフー株式会社 不正アクセスによる個人情報漏えいへの再発防止策に関するお知らせ


LINE ヤフー株式会社は、2023 年 11 月 27 日に公表した不正アクセスを受け策定した再発防止策を以下のとおりお知らせいたします。

当社は、ユーザーおよび関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけする事態となりましたことを、改めて心より深くお詫び申し上げるとともに、今回の事態を重く受け止め再発防止に努めてまいります。

■発生した事象

第三者による不正アクセスを受け、ユーザー情報・取引先情報・従業者等に関する情報の漏えいがあることが判明しました。当社関係会社である韓国 NAVER Cloud 社の委託先かつ当社の委託先でもある企業の従業者が所持する PC がマルウェアに感染したことが契機となります。

■原因と再発防止について

□原因

本事案の原因は、「委託先企業への安全管理措置」および「NAVER と旧 LINE 株式会社間(以下、旧 LINE 社)のシステム・ネットワークのあり方」、「旧 LINE 社における従業員システムのセキュリティ」に課題があったためと捉えており、主に以下の再発防止策を順次実施してまいります。

□再発防止

・委託先管理の強化

委託先のセキュリティリスク評価方法を見直すとともに、外部の第三者の協力も得て、より実効性を高めたモニタリングや管理・監督方法を策定します。当社外部委託先が当社社内ネットワークにアクセスする場合における、当社管理下の PCの利用および当社ネットワークに接続する際の二要素認証の徹底を進めてまいります。

また、NAVER Cloud 社含む本件の原因となった当社委託先に対して、本事案を踏まえた改善策について実施状況を確認し、必要に応じた管理の強化等を要請します。

・システム・ネットワークのリスク解消・強化(NAVER Cloud 社との認証基盤の分離含む)

NAVER Cloud 社と旧 LINE 社間のネットワークアクセスの管理を強化します。具体的には、ファイアーウォールの導入やセーフリスト化により、ネットワークへの異常な接続や攻撃を防ぎ、ネットワークを保護する仕組みを構築します。また、旧 LINE 社環境の従業員向けシステムで共通化している NAVER Cloud 社との従業者情報を扱う認証基盤環境を分離
し、LINE ヤフー専用の認証基盤への移行を行います。

加えて、更なる対策として、NAVER 社および NAVER Cloud 社とのシステムのつながりによる不正アクセスのリスクを解消するため、従業員向けシステムおよびネットワークの分離も行います。

・従業員システムのセキュリティ強化

従業員向けシステムへのアクセス制御と制限を強化するため、二要素認証の適用を標準とする方針とします。

さらに、データ分析システム等の重要なシステムに対して、アクセス制御のメカニズムが適切に機能していることを検証する目的で、追加的なセキュリティ診断を実施します。

上記の再発防止策については、外部企業による計画の妥当性・有効性の客観的な評価を実施します。

また、上記の再発防止策に加え、原因の再分析およびリスクシナリオの再定義、再発防止策の妥当性検証、追加対策計画の策定等についても、今後検討を続けていく予定です。

改めまして、ユーザーおよび関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。発生させてしまった事象について深く反省し、再発防止に努めてまいります。

【セキュリティ事件簿#2024-041】住友重機械工業 当社サーバーへの不正アクセスについて


このたび、当社グループの一部サーバーに対する不正アクセスが発生したことをお知らせいたします。

本件につきまして、外部専門家の助言を受けながら、影響範囲等の調査と早期復旧に向け全力で取り組んでいます。被害の全容、原因の把握には、今しばらく時間を要する見込みですが、現時点で判明している内容について、下記のとおりご報告いたします。
お取引先様、関係先の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけすることになり、深くお詫び申し上げます。

■経緯

2024 年2月4日(日)に当社グループのサーバーに不正アクセスが発生していることを確認いたしました。直ちに、外部専門家の協力のもと調査を開始し、復旧作業に取り組んでいます。

■現在の状況と今後の対応

今回の被害に対応するため、当社グループの全てのサーバー、パソコンのスキャニングを行い、隔離が必要なサーバーは社内ネットワークから、直ちに切り離しています。また、情報漏洩につきましては、外部専門家の協力を得ながら現在調査を進めています。詳しい状況が分かり次第、改めてご報告するとともに、皆様へのご迷惑を最小限に止めるべく取り組んでまいります。

なお、本件が当社の業績予想に及ぼす影響については精査中です。今後、業績に重大な影響があると判断した場合は速やかに公表いたします。

【セキュリティ事件簿#2024-040】株式会社日刊工業新聞社 求職情報サイトにおける個人情報流出の可能性のお知らせとお詫びについて


当社が運営する求職情報ウェブサイト「ホワイトメーカーズ」(URL:https://kyujinnikkan.com/)がサイト改ざん被害を受け、お客さまの個人情報(氏名・メールアドレス・暗号化されたパスワード)が外部流出した可能性を否定できないことが判明いたしました。すでに公的機関への報告と所轄警察署に被害の相談をしており、今後も引き続き調査を継続して参ります。

流出した可能性のあるお客さまをはじめ、関係者の皆様に多大なるご迷惑およびご心配をおかけする事態となりましたこと、深くお詫び申し上げます。

1.概要

2024年1月24日、「ホワイトメーカーズ」において利用しているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のプラグインの脆弱性が悪用され、サイト改ざんの被害を受けました。調査の結果、個人情報漏えいの可能性があると判断致しました。現在、ウェブサイトは休止状態とし、引き続き調査を実施しております。

なお、警察への通報および個人情報保護委員会への報告は完了しております。また、現時点でお客様からの被害報告は受けておりません。

2.流出した可能性のある個人情報および対象人数

 ・個人情報:氏名、メールアドレス、暗号化済みパスワード
 ・対象人数:250人

3.お客さまへのお願い

身に覚えのない不審なメールが届いた場合、開封やリンク先へのアクセスはしないようご注意くださいますようお願い申し上げます。

4.今後の対応

対象となるお客さまには、個別にメールおよび電話にてご連絡しております。

また、外部専門家への相談も含めて今後も調査を継続し、新たな情報が判明した際はその都度公表してまいります。ウェブサイトの再開にあたっては、必要な対策を実施し、再発防止に万全を期したうえで、2024年2月下旬に再公開を予定しております。