2022/01/15

ソニー生命社員が盗んだ1億5400万ドル相当のビットコインを米国が返還 / US returns $154 Million in bitcoins stolen by Sony employee(転載)

US returns $154 Million in bitcoins stolen by Sony employee:

米国は、SONYの子会社であるソニー生命が、BEC(Business Email Compromise)攻撃により、従業員が盗んだとされる1億5400万ドル以上を押収・返還する法的措置を講じました。

「政府の訴状によると、ソニー生命保の社員である石井伶は、ソニー生命が同社の金融口座間で資金移動を行おうとした際に1億5400万ドルを流用したとされています」と司法省は発表しました。

"石井は取引指示書を偽造することでこれを行い、石井が管理するカリフォルニア州ラ・ホーヤの銀行の口座に資金を振り込ませたとされています。"

盗まれた資金をビットコインに変換

裁判資料によると、石井はソニー生命の取引で、自分の管理下にあるシルバーゲート銀行の口座を使うように振込先を変更したとのことです。

石井はその後、盗んだ資金をビットコインに変換するために、ビットコインアドレスbc1q7rhc02dvhml8smywr9mayhdph85jlpf6paquに転送するように設定しました。

また、石井は暗号通貨に変換した後、上司やソニー生命の幹部数名に英語と日本語でタイプされた身代金請求書をメールで送り、捜査に協力しないよう説得を試みました。

「和解に応じるなら、資金を返還する。もし、刑事告訴をするのであれば、資金の回収は不可能になる」と書かれていた。

"我々はこのすべての背後に沈むかもしれないが、1つ確かなことは、あなたが我々のすぐ隣にいることだ。警察を含む第三者とのコミュニケーションを止めることを強くお勧めします。"

FBIの捜査に伴い暗号通貨を押収

しかし、2021年12月1日、日本の警察当局と連携した捜査の結果、FBIは秘密鍵を入手した上で石井のウォレットにある3879.16242937BTCを押収し、すべてのビットコインをFBIのビットコインウォレットに転送することが可能になりました。

「ソニーとシティバンクは、盗難が発覚するとすぐに警察当局に連絡・協力し、FBIは両者と連携して資金の所在を突き止めました」と、FBI特別捜査官のスザンヌ・ターナー氏は説明します。

「第二に、FBIのリーガル・アタッシェ・オフィスを通じた国際的なフットプリントと、海外(今回は日本)で築いた既存の関係により、法執行機関は連携して対象者を特定することができました」 と述べています。

警視庁は、不正送金を行い、1億5400万円を入手した疑いで、32歳の石井を逮捕、刑事告発しました。

「この事件は、FBI捜査官と日本の警察当局が連携して、この仮想通貨の追跡を行った素晴らしい例です。犯罪者は、法執行機関から不正に得た利益を隠すために暗号通貨に頼ることはできないことに留意してください」と、米国連邦検事代理のランディ・グロスマンは述べています。