2021/12/16

プライバシーとOSINTのための検索エンジンとブラウザの選択 / 30 search engine & browser choices for privacy and OSINT(転載)


 30 search engine & browser choices for privacy and OSINT

今回は、デジタル・プライバシーに焦点を当てます。私たちのオンライン活動の大部分は、ウェブブラウザや検索エンジンに依存しているため、ウェブブラウザや検索エンジンの話ほどぴったりなものはありません。

ここで、プライベートブラウジングに関する一般的な神話の1つである「Incognito / Private Browsing」モードについて説明します。

これらは全く持ってプライベートではありません。

どちらのモードであっても、お客様が閲覧するウェブサイトやアクセスするサービスは、お客様のIPアドレスを読み取り、お客様のブラウザのフィンガープリントを取得し、お客様のユーザーエージェントを認識します。

ウェブサイトからのマルウェアのドライブバイダウンロードなど、オンラインの脅威に対する保護機能は、通常のブラウジングモードと同様です。

最後に、あなたがオンラインで何をしているのか、ISPはまだ見ることができます。

以下に挙げる検索エンジンやブラウザは、必ずしもこれらの懸念事項のすべてに対応しているわけではありません。例えば、ISPのスヌーピングの問題は、VPNを使用することで解決する必要があります(その理由については、1年以上前に書きました)。

これらのあまり知られていないオプションを選択する際に重視したいのがプライバシーであろうとOSINTであろうと、以下の中から十分に選択することができます。

検索エンジン

アルファベット順に掲載されているので、良いもの、便利なものという意味では順不同です。

  • Brave Search – https://search.brave.com/ – 人気ブラウザ「Brave」と連動した、プライバシーに配慮した検索エンジンのベータ版です。
  • DuckDuckGo –  https://duckduckgo.com/ – おそらく、最もよく知られている、プライバシー重視の検索エンジンです。
  • Disconnect Search – https://search.disconnect.me/ – 透過的なプライバシーポリシーを持つDuckDuckGoが提供しています。
  • eTools CH – https://www.etools.ch/ – プライバシーを重視した検索エンジンのアグリゲーターで、現在17の検索エンジンが参加しています(その多くはこのリストに掲載されています)。
  • Gibiru – https://gibiru.com/ – アカウント不要、クッキー不要、検索ログ不要、閲覧履歴不要です。
  • Gigablast – https://www.gigablast.com/ – ニュース、画像、ディレクトリなどのプライベートサーチエンジン。
  • Intelligence X – https://intelx.io/ – 多目的でありながら、ウェブインフラからデータリークまで、あらゆる分野に特化した検索エンジンです。しかし、一般的なGoogleのような使い方には適していません。
  • Lukol – https://www.lukol.com/ – Googleカスタム検索による匿名での閲覧。Google検索を基本的なドライバーとして使用していますが、アカウントや登録は必要ありません。
  • MetaGer – https://metager.org/ – 非営利のNGOが運営する検索エンジン。複数の検索エンジンの結果を組み合わせることで、検閲から守ります。
  • Mojeek – https://www.mojeek.com/ – "escaping the big tech "の独立した検索エンジン。
  • Oscobo – https://www.oscobo.com/ – ユーザーの詳細情報を収集しない、専用のブラウザもあります。
  • Privado – https://www.privado.com/ – privacy focused search engine with a dedicated blog.
  • Private SH – https://private.sh/ – 暗号化された検索クエリとプロキシの使用により、プライバシーを実現しています。
  • Quant – https://www.qwant.com/ – EUベースの検索エンジンで、ユーザーの活動を追跡しません。広告は表示されるかもしれませんが、ランダムに表示されます。
  • Searchencrypt – https://www.searchencrypt.com/ – 15分後に閲覧履歴を削除します。
  • SearX – https://searx.space/ – オープンソースの検索エンジンで、ユーザーが作成したローカル検索エンジンのリストを提供し、どこで何がホストされているか、どのように運営されているかについての情報を提供します。
  • Startpage – https://www.startpage.com/ – トラッカーや広告ターゲティングをブロックし、ユーザーのIPアドレスをサーバーから削除する検索エンジンです。定期的に更新されるプライバシーブログを運営しています。
  • Swisscows – https://swisscows.com/ – プライバシーに配慮し、成人向けコンテンツをブロックするフィルターが組み込まれているため、家族に優しいことが特に強調されています。

ブラウザー

新しいブラウザを使い始める前に、そのプライバシー設定がどのようになっているかをテストしてみるのも良いでしょう。そのためには、次の2つのサイトをお勧めします。

ブラウザについては、Safari、Firefox、Chromeのようなわかりやすいものはあえて挙げていません(後者2つはOSINTに最適で、多数の便利な拡張機能があります)。

どのブラウザも同じではありませんが、以下のリストの多くは、特定の目的のために使用することができます。

  • Brave – https://brave.com/ – 非常に優れたプライバシー機能を備えたChromiumベースのブラウザで、ブラウザネイティブの暗号通貨ウォレットを内蔵した追加機能を備えています。
  • Epic Privacy Browser – https://www.epicbrowser.com/ – 印象的なプライバシー保護とセーフガードのリストを持つブラウザです
  • Freenet – https://freenetproject.org/pages/download.html – Webサイトやピアツーピアリソースの分散型ネットワークを閲覧するためのニッチなソフトウェア群であり、メインストリームのブラウザとは異なります。
  • Ghost Browser – https://ghostbrowser.com/  – 様々なブラウジングセッションのための複数のユーザーID、ワークスペースやプロキシを提供するブラウザです。無料版と有料版があります。
  • Opera – https://www.opera.com/ – チャット機能や無料のVPNサービスを内蔵した、プライバシーに配慮したブラウザです。
  • Oscobo – https://www.oscobo.com/ctnt.php?c=download – 上述の検索エンジン「Oscobo」のネイティブブラウザです。
  • Osirt Browser – https://osirtbrowser.com/ – 厳密にはOSINTに焦点を当てたブラウザで、自分の仕事を記録するためのものです。2022年には大幅なアップグレードが予定されており、さらに面白いものになるはずです。
  • Tor – https://www.torproject.org/download/ – デジタル・プライバシーに興味のある方には、ここで紹介する必要はありません。プライベートブラウジングの真の先駆者です。
  • Vivaldi – https://vivaldi.com/ – 分割画面のタブや内蔵メールクライアントなどの革新的な機能を備えた、プライバシー重視のブラウザです。
  • Waterfox – https://www.waterfox.net/ – 様々なChromeやFirefoxの拡張機能をサポートしているとのことですが、テレメトリやトラッキングはありません。
  • Yacy – https://yacy.net/demonstration_tutorial_screenshot/ – 厳密にはブラウザそのものではなく、ローカルで動作し、ユーザーが設定可能な検索エンジンです。多数のオプションが用意されているため、ブラウザのような感覚で使用することができます。