2021/12/10

本当に食べるものに困ったときの最終手段~緊急一時食品提供~


本当に食べるものに困ったときの最終手段:

数多くの金策手段も使い果たしてどうにもならない状況もあります。

借金などの支払い関係はともかく生活費、特に食事代は絶対に確保しないと生きることもできません。

今回、そんな方のために、本当に食べ物に困ったときの最終手段の助け舟を共有させていただきます。

以前に”緊急小口資金”の貸付でも話題となった“社会福祉協議会”で食品を提供していただけるのです。

ですので、恥ずかしがらず出向き正直に“食べるものがありません”と窓口の担当に伝えてみましょう。

“緊急一時食品提供”があるのです。

これは、生活が困難な方や世帯に対しての食品提供で、趣旨に賛同してくれた企業や団体、市民から提供品を貰い食い繋ぐというもの。

当然、提供品ですので、そのときの状況により無い場合もあります。

しかし、運が良ければ、”お米”や“乾パン”、”レトルト食品”などを1週間分ほど受け取ることが可能。

金策することも勿論、大事ですが日々の食品も絶対に欲しいところ。

一度、お住いの“社会福祉協議会”に聞いてみてはいかがでしょうか。

Posted in  on 12月 10, 2021 by B-SON |