2023/12/31

【セキュリティ事件簿#2023-477】和歌⼭県社会福祉協議会 個⼈情報の漏えい事案について


このたび、令和4年度、令和5年度に実施した「ふくしフォトコンテスト2022」「ふくしフォトコンテスト2023」の審査資料について、令和5年12⽉4⽇(⽉)13:00、応募者からの電話により、下記のとおり個⼈情報の漏えいが判明いたしました。

このような事態を招いたことを深く反省し、職員の個⼈情報の適切な取扱いを徹底し、再発防⽌に努めてまいります。

1.漏えい事案の概要

①令和4年度及び令和5年度に実施した「ふくしフォトコンテスト」の審査資料が、インターネット上に流出した。

下記3の審査資料を審査委員に事前送付(データ送信)する際、写真等のデータ容量が⼤きいため、 本会内部システムを活⽤し、「⼀般⾮公開設定(限定公開)」との認識でのアップロードを⾏ったところ、当該情報がインターネット上でも閲覧できる状態になっていた。

②審査委員に事前配布した資料(下記3)に、審査に直接関係のない個⼈情報を掲載していた。

2.主催

 和歌⼭県社会福祉法⼈経営者協議会、和歌⼭県社会福祉法⼈経営⻘年会
 社会福祉法⼈和歌⼭県社会福祉協議会

3.情報漏えいした資料(4点)


4.情報漏えいの原因

■当該システムの機能の誤認識
「限定公開は、本会ホームページ上には掲載されず、かつ、インターネット上でも閲覧できない状態であり、所定のURLを知り得た者しかアクセスできない」という認識であったが、実際はインターネット上で閲覧できる状態にあった。

■職員の個⼈情報の取扱いに関する認識不⾜
審査委員に対し個⼈情報を掲載した資料を配布していた。

5.対応

  • 漏えいした情報は、本会システム管理業者に連絡し、判明直後(同⽇13:30)に削除しています。
  • 対象者に対して個⼈情報を流出したことの通知と謝罪を⾏い、審査委員等には送信した個⼈データの廃棄確認を⾏っています。
  • 再発防⽌策として、当該システム(限定公開機能)を活⽤した情報掲載やデータ送信を禁⽌するとともに、セキュリティの⾼い⼤容量データ送信システム導⼊の検討と、個⼈情報の取扱いにかかる安全管理及び職員指導を徹底します。