2022/03/07

ウクライナ危機で航空界が対応、ロシア航空機の米国領空通過を禁止 / Russian Aircraft Banned from U.S. Airspace as Aviation World Responds to Ukraine Crisis


Russian Aircraft Banned from U.S. Airspace as Aviation World Responds to Ukraine Crisis

ロシア連邦とそこに運航する航空会社の両方に対する制裁のリストは増えており、相互接続契約の取り消し、空域の閉鎖、航空機の運航を維持するための支援の縮小などが含まれています。

米国とEUが空域を閉鎖、企業は協定を取り消し

CNNによると、EU加盟国、英国、カナダはいずれも、「ロシア所有、ロシア登録、ロシア支配」の航空機をすべて領空封鎖したという。これには、アエロフロート航空とS7航空が運航する民間航空機と、すべての民間航空機が含まれる。

 米国は2022年3月1日(火)、ジョー・バイデン大統領が一般教書演説でロシアへの継続的な対応としてこの措置を発表し、多くのNATO同盟国とともに空域を閉鎖することになりました。その後、連邦航空局が発表した速報では、2022年3月2日(水)午後9時(東部標準時)から禁止が開始されると発表されました。

空域が閉鎖されるとはいえ、すでにいくつかの航空会社は、ロシアに拠点を置く2大航空会社との関係を断つという異例の措置をとった。アメリカン航空アラスカ航空デルタ航空の3社は、アエロフロートとS7の両社とのコードシェアおよびインターライン契約を停止することを発表した。アラスカ航空とアメリカン航空は、ワンワールド・アライアンスを通じてS7航空と提携関係にあり、デルタ航空はスカイチームを通じてアエロフロートと提携関係にあります。どちらのアライアンスも、ロシアの航空会社の将来についてコメントしていません。

さらに事態を複雑にしているのは、大手民間航空機メーカーがいずれもロシアの航空会社に対するサービスを停止していることだ。ガーディアンによると、エアバスとボーイングの両社は、部品や航空機のサポート、訓練など、航空会社へのサポートを停止しているという。ボーイング社はモスクワに訓練キャンパスを有しているが、シカゴに本社を置く航空宇宙企業はロイター通信に、モスクワでの業務を一時停止していると語った。 

ロシアの航空業界を崩壊させる可能性のある航空禁輸措置

空港へのアクセスや他の航空会社や大手航空宇宙企業からのサポートがなければ、ロシアの航空会社のその場しのぎの禁輸措置は、国の産業にとって大きな問題を引き起こす可能性がある。Aviation International Newsの社説は、制裁によって航空機の安全性が損なわれるだけでなく、航空会社が保険を利用できなくなり、航空機のリースがキャンセルされる可能性があり、その結果、ロシアの航空会社が倒産に陥る可能性があると指摘している。