2021/10/19

マリオットポイントをマイル交換する方法まとめ。移行日数・移行レート・キャンペーンなど(転載)~マリオットは数少ないJALバイマイルの手段です。~


マリオットポイントをマイル交換する方法まとめ。移行日数・移行レート・キャンペーンなど。 (魚拓)

マリオットのポイントは皆さん何に使っていますか?
  • ポイント宿泊に利用
  • マイル交換して特典航空券として利用
どちらも非常に人気だと思うのですが、この記事ではマイルに交換する方法に関して整理しておきます。きっと交換をしたことがない方は、どのページから交換できるのかも知らないでしょうし、何日で交換が完了するのかも知らない人も多いでしょう。

マリオットポイントからマイル交換するためのページはここより交換可能となっています。

このページはマリオットのトップページからだと、少しわかりにくい場所にあるかもしれません。

「Marriott Bonvoyについて」→「ポイント/サーティフィケートの使用方法」と進みます。


「ポイント/サーティフィケートを使う」→「旅」と進みます。

「ポイントからマイルへの移行」と出てくるので、ここからマイル交換が可能となっています。

マリオットからマイル交換ができる航空会社は40社以上あります。一覧にしておくと、

航空会社のマイレージプログラムポイント : マイル
エーゲ航空3対1
Aer Lingus AerClub3対1
アエロフロート ボーナス3対1
エアロメヒコ クラブプレミエ3対1
エアカナダ アエロプラン3対1
エールフランス/KLM フライングブルー3対1
ニュージーランド航空Airpoints™200対1
アラスカ航空 Mileage Plan®3対1
アリタリア航空ミッレミリア3対1
ANAマイレージクラブ3対1
アメリカン航空3対1
アシアナ航空アシアナクラブ3対1
アビアンカ航空 LifeMiles3対1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club3対1
アジアマイル3対1
コパ航空 ConnectMiles3対1
デルタスカイマイル3対1
エミレーツスカイワーズ3対1
エティハド ゲスト3対1
フロンティア航空EarlyReturns®3対1
海南航空3対1
ハワイアン航空 HawaiianMiles®3対1
Iberia Plus3対1
InterMiles3対1
日本航空 (JAL) マイレージバンク3対1
大韓航空スカイパス3対1
LATAM航空 LATAMPASS3対1
Multiplus3対1
カンタス フリークエントフライヤー3対1
カタール航空プリビレッジクラブ3対1
サウディア航空3対1
シンガポール航空クリスフライヤー3対1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards3対1
TAPポルトガル航空3対1
タイ国際航空3対1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles3対1
ユナイテッド航空マイレージプラス3対1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club3対1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer3対1
Vueling Club3対1
マリオットからマイル交換する際の移行レートは、3:1が基本になります。

3,000ポイント=1,000マイル

が、非常に重要なのが、ボーナスマイルの存在です。マリオットはマイル交換する際に、60,000ポイントまとめて移行すると、マイルを25%も増量してくれるんです。

つまり、

60,000ポイント=25,000マイル

となります。20,000マイルではなく、25%の5,000マイルがボーナスマイルとして加算されるので、マイル交換する際には可能な限り60,000、120,000、180,000といった単位での移行がオススメになります。

なお、移行画面では60,000ポイントをマイル交換すると、


60,000ポイント=20,000マイルと表示されますが、しっかり25,000マイルが加算されるので、このまま進んでOKです(ご自身のマイレージ番号は入力が必要になります)。


翌日にはマリオットのアカウントに5,000ボーナスマイル(15,000マリオットポイント)が加算されて自動的にマイル交換してくれていることが確認できます。

マリオットに限ったことではなく、他のホテルプログラムもそうなのですが、ホテルポイントからマイル交換でマイル増量というキャンペーンが行われることがあります。

過去(ここ数年間)にそのようなキャンペーンが行われたことがある航空会社は、

  • JAL(1度のみ)
  • ユナイテッド航空
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • エアカナダ
  • エティハド航空
あたりです。マイル移行するには、マイルが必要(つまり特典航空券を発券するという目的がある)なタイミングですることが多いでしょうが、キャンペーンが来たら、そのタイミングを利用してマイル移行しておくというのも非常にお得度が高いでしょう。10%増量なら60,000ポイント=27,500マイル、20%増量なら30,000マイル、30%増量なら32,500マイルになりますからね。

いつ、どの航空会社にこういったキャンペーンが来るのかまったくわからないところが非常に難しいですが、来たら激熱です!

マリオットからマイル移行する際には、特典航空券を発券するために移行すると思うので、移行完了が遅くなると特典航空券がなくってしまう可能性があるので、十分に時間的余裕を持ってマイル交換しましょう。

マイル交換の移行完了日数ですが、およそ2日~7日で完了します。