2021/10/26

Contiが窃取データの販売を開始 / Conti Ransom Gang Starts Selling Access to Victims(転載)


Conti Ransom Gang Starts Selling Access to Victims:

ランサムウェアギャング「Conti」のアフィリエイトプログラムは、最近そのビジネスプランを変更したようです。Contiのマルウェアに感染し、身代金の支払いを拒否した組織は、Contiの被害者を辱めるブログに追加され、被害者から盗んだ機密ファイルを公開したり、販売したりします。しかし、この48時間の間に、サイバー犯罪シンジケートは被害者を辱めるブログを更新し、ハッキングした組織の多くにアクセス権を販売していることを示しました。

"この組織のネットワークにアクセスし、そのネットワークからデータを販売する買い手を探しています。"と、Contiのブログに掲載された最近の複数の被害者リストに挿入された、紛らわしい言葉のメッセージが書かれている。

なぜこのような変更を行ったのか、Contiがこの動きから何を得ようとしているのかは明らかではありません。また、今後、機密データを抽出するためにアクセス権を販売する予定であるならば、なぜ企業にハッキングしたことを宣伝するのかも明らかではありません。Contiはコメントを求められても答えませんでした。

コンピュータ・セキュリティ企業であるEmsisoft社の最高技術責任者であるFabian Wosar氏は、「事業を閉鎖しようとしていて、その前に進行中の侵害からのデータやアクセスを売りたいのではないか」と述べています。「しかし、そのようなやり方をすると、侵害が進行していることを企業に警告することになるので、いささか馬鹿げている。」

米国と欧州の政策立案者たちは、ランサムウェアの上位グループの活動を停止させるための取り組みを進めています。先日、ロイター通信は、米国政府が、ランサムウェアの関連グループであるREvilのコンピュータシステムに侵入するためのハッキング活動を行っていると報じました。REvilは、専門家によると、被害者への対応がContiと同様に攻撃的で冷酷であると言われています。さらに、REvilは、被害者のデータを売り始めた最初のランサムウェアグループのひとつです。

REvilのダークネットの被害者を辱めるサイトはオフラインのままだ。これに対し、Contiの代表者は10月22日、ロシア語のハッキングフォーラムに、REvilへの攻撃を「世界情勢における米国の一方的な、治外法権的な、盗賊まがいの行動」と非難する長文の文章を投稿した。

「このような無差別な攻撃行為を合法化する法律が、たとえアメリカ国内であっても、50州のどこかの郡であってもあるのだろうか」というのが、Contiの日記の内容です。「サーバーのハッキングは、アメリカでも、アメリカのどの管轄区域でも、突然合法になるのか?仮に、外国のサーバーをハッキングできるようなとんでもない法律があったとしましょう。サーバーを攻撃された国から見て、どの程度合法なのでしょうか?インフラは、宇宙に飛んでいるわけでも、中立国の海に浮かんでいるわけでもありません。それは誰かの主権の一部なのです。」

Contiの新しい方向性は、被害企業を交渉のテーブルに着かせるための策略に過ぎないかもしれない。

あるいは、ロシア語からの翻訳で何かが失われたのかもしれない(Contiのブログは英語で公開されている)。しかし、ランサムウェアの配布から、盗まれたデータやネットワークアクセスの販売へと移行することで、Contiは、最近、盗まれたデータを公開したり販売したりしないという約束と引き換えに企業を恐喝することに重点を置いている、多くの競合するランサムウェアのアフィリエイトプログラムと事業を一致させている可能性があります。

しかし、Digital Shadows社が最近のランサムウェアのまとめで指摘しているように、多くのランサムウェアグループは、データ漏洩サイトの管理や、盗んだデータをダークウェブ上でダウンロードできるようにホスティングすることが困難になっています。

結局のところ、1社の窃取データをTor経由でダウンロードするのに何週間もかかるとなると、たとえダウンロードが成功したとしても、交渉戦術として機密データを流出させるという脅威は、その威嚇性を失うことになります。また、ユーザーにとっても不都合なことです。その結果、一部のランサムウェアグループは、公共のファイル共有サイトを利用してデータを公開することになりました。公共のファイル共有サイトは、より高速で信頼性が高いものの、法的手段ですぐに削除されてしまいます。

また、データリークサイトは、ランサムウェアギャングに潜入するための潜在的な手段でもあります。最近、米国当局によるREvilギャングの侵害が報告されたことからも明らかです。

Digital ShadowsのIvan Righi氏は、「2021年10月17日、ランサムウェア「REvil」の代表者が、ロシア語圏の犯罪フォーラムで、彼らのデータ漏洩サイトが「ハイジャック」されたことを明らかにした」と書いています。REvilのメンバーは、未知の個人が、開発者が所有する同じ鍵を使って、REvilのウェブサイトのランディングページとブログの隠されたサービスにアクセスしたと説明した。そのユーザーは、ランサムウェア・ギャングのサーバーが侵害され、その責任者である個人が自分を「探している」と考えていた。

Mandiant社の最近のレポートによると、ContiとRyukランサムウェアの両方を実行したとされるグループであるFIN12は、データ流出を伴う攻撃では12日以上かかるのに対し、ランサムウェア攻撃を3日以内に行うことができたとのことです。

この数字を見ると、Contiは、データ流出に関する業務をより多く(もちろん有料で)外部に委託することで、時間はかからないが同じように収益性の高いランサムウェアの展開に注力しようとしているだけなのかもしれません。

「第4四半期が近づくにつれ、データ漏洩サイトの管理に関する問題が、新たなランサムウェアグループがデータ漏洩サイトを利用することを躊躇させるのか、それともこれらの問題を回避するためにどのような創造的なソリューションを生み出すのかが注目されます」とRighiは締めくくりました。「Ryukは、データ漏洩サイトを利用しなくても、ランサムウェアの脅威の中で効果的かつトッププレイヤーであり続けることを証明しています。実際、Ryukはデータ漏洩サイトやデータ流出を必要としないことで成功しています。」