2021/10/07

ニューワード「ワクハラ」(転載)~ワクワクハラスメントの略じゃないです。~


「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米:

何でもハラスメントにしてしまう日本社会ですが、最近聞いた言葉に「ワクハラ」というのがあります。

新型コロナ(武漢ウイルス)ワクチンを接種したかどうかを聞く事は「ワクチンハラスメント」になるそうです。接種が終わった人が、接種をしていない人に「えー、ワクチン打ってないんだ。どうして?」などと突っ込みを入れるのは避けるべきだとアドバイスされました。

ワクチンを打つのも打たないのも個人の自由です。問題は、打たないことが自分だけの問題ではなく、感染や重症化によって周囲にも影響することです。

海外ではワクチン接種を事実上義務化するような動きが進んでいます。

例えば、イタリアは、すべての労働者に対し、ワクチンを接種したことやウイルス検査での陰性を証明する「グリーンパス」の提示を義務付けることを発表しました。

また、ニューヨーク市では、先週から12歳以上の屋内の飲食店、スポーツジム、映画館、劇場、美術館などの利用客に、ワクチン接種の証明書の提示を求めることが義務づけられ、違反した場合、最大5000ドルの罰金が科せられるそうです。

海外ではこのようにワクチン接種証明が無いと日常生活に支障が出るような流れが広がっています。

もし、日本でこれをやろうとしたらどうなるでしょうか?ワクハラとして、一部の人たちから激しい反発がありそうです。

ワクチン接種の自由や個人の選択の自由という人権に配慮。その一方で、感染拡大防止策は、緊急事態宣言をダラダラと延長して、自粛を呼びかけるだけ。

その結果、経済活動の再開が遅れ、経済的に追い詰められたり、精神的に鬱状態になって自ら命を絶つ人が増えていく。

そんな状態に耐え切れず、東京では、緊急事態宣言下にも関わらず、経営者の判断で飲食店がアルコール提供を再開するケースも増えています。真面目にルールを守る正直者が馬鹿を見る不公平感な状態が広がっています。

Posted in ,  on 10月 07, 2021 by B-SON |