2021/10/05

クラウド・セキュリティ・リスクのトップ5 / The Top 5 Cloud Security Risks: How Hacker-Powered Security Can Help(転載)


The Top 5 Cloud Security Risks: How Hacker-Powered Security Can Help:

デジタルトランスフォーメーションの普及は、クラウドセキュリティリスクの増大を意味します。ハッカーの力を借りたヒューマン・インテリジェンスが、どのようにして新たな攻撃手段から組織を守り、リスクを軽減し、クラウド・セキュリティを向上させるのかをご紹介します。

1.ソフトウェア・サプライチェーンへの攻撃が増加

クラウドネイティブなアプリケーション開発ではオープンソースコンポーネントの使用が普及しているため、ソフトウェアサプライチェーンへの攻撃は重大なクラウドリスクとなります。2020年のSonatype State of the Software Supply Chain Reportによると、サードパーティ製ソフトウェアへの攻撃は430%増加しており、今後も増加していくと考えられます。サイバー犯罪者は攻撃対象の変化に対応するため、ソフトウェア・サプライチェーンの新たな弱点を見つけては攻撃を仕掛けてきます。

2.コンプライアンスの証明

コンプライアンスとは、監査に合格することやボックスにチェックを入れることだけではありません。クラウドプロバイダーは基本的なコンプライアンス基準を維持し、セキュリティ機能やツールを提供していますが、クラウドネットワークのセキュリティは組織の責任でもあります。2021年のSANS Cloud Security Surveyによると、多くの組織が、現行のコンプライアンス対策を補完するために、クラウド・セキュリティ戦略にペネトレーション・テストを取り入れたいと考えています。

3.安全でないAPI

APIは、社内のアプリケーションやデータを第三者に公開することで、クラウドコンピューティングのプロセスを効率化します。APIは、デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブの基本であり、新世代のクラウドアプリケーションを強化します。しかし、安全性が確保されていないAPIは、企業に攻撃の機会を与えてしまいます。 ラドウェアの「2020-2021 State of Web Application Security Report」によると、84%の組織がWebサーバーやアプリケーションに対するAPI操作攻撃を確認しています。

4.急速なデジタルトランスフォーメーション アプリケーションリスク

第4回「Hacker-Powered Security Report」で調査したグローバルセキュリティリーダーの31%以上が、武漢ウイルスによりデジタルトランスフォーメーションを計画よりも早く実施したと報告しています。デジタルトランスフォーメーションは、今や一般的なビジネス戦略であり、生産性や効率性の向上、コスト削減などの大きなメリットがあります。しかし、より実質的なリスクと新たな攻撃対象をもたらすものでもあります。Verizonの2020年版DBIRによると、昨年の全ブリーチのうち43%がWebアプリケーションに関わるものでした。また、IDCは、2023年までに5億個以上のデジタルアプリケーションやサービスが、クラウドネイティブなアプローチで開発・展開されると予測しています。

5.設定ミス

チェック・ポイントの「2020年クラウド・セキュリティ・レポート」によると、企業の68%がクラウドの設定ミスをクラウド・セキュリティの最大の脅威として報告しています。設定ミスは、クラウド・セキュリティに重大なギャップを生じさせ、破壊的でコストのかかる攻撃に対して脆弱になります。HackerOneのグローバルハッカーコミュニティは、2020年には設定ミスの脆弱性が12,286%増加すると報告しています。また、Gartner社は、2025年までにこれらのセキュリティ障害の99%がお客様の責任になると予測しています。