2021/10/25

オリンパス、2度目のランサムウェア攻撃で、米国などのシステムが暗号化される / Olympus 连续遭两次勒索软件攻击 在美国等多地系统被加密(転載)


Olympus 连续遭两次勒索软件攻击 在美国等多地系统被加密:

日本の大手ハイテク企業であるオリンパスに対する「進行中」のサイバー攻撃は、米国政府の制裁を受けているロシアの悪意あるグループが仕掛けたものであると、攻撃について知る2人の人物が語っています。 

「Macaw」は、マルウェア「WastedLocker」の新しい亜種で、どちらも2019年に米財務省から制裁を受けたロシアを拠点とする犯罪シンジケート「Evil Corp」が作成したものです。

これは、2021年9月にヨーロッパ、中東、アフリカのネットワークがBlackMatterランサムウェアに攻撃されたのに続き、この数ヶ月で2度目のランサムウェア攻撃です。 (BlackMatterはEvil Corp.との関係を知られていない)

セキュリティ企業Recorded Futureのシニア脅威アナリストであるAllan Liska氏は、「Olympusは2021年9月にBlackMatterに攻撃され、2021年10月にMacawに攻撃されました。Macawマルウェアは、ハッキングされたコンピュータに身代金請求書を残していました」とコメントしています。

オリンパスは声明で、「データ侵害の可能性」を調査していると述べました。「ダブルランサム」と呼ばれるランサムウェア・グループがよく使う手法で、ハッカーは被害者のネットワークを暗号化する前にファイルを盗み、それを脅すというものです。 解読されたファイルの身代金が支払われない場合は、ファイルがオンラインで公開されます。