2020/09/24

【転載】Google検索のクオリティ低下により、「ggrks」が死語に・・・。

「ggrks」はもはや通じないとの指摘、Googleの検索クオリティ低下と結び付けた考察も【やじうまWatch】:

ggrksググれカス on Twitter: "「ググれカス」と言いたいすべての人へ ...
 「ggrks」はもはや若者に対して通じないことを報告したツイートが話題だ。Googleの検索クオリティの低下など、それら要因についての考察も盛んに繰り広げられている。

 ggrksとは「ググレカス」の略称、つまり「(人に質問する前に)それくらいGoogleで検索しろカス野郎」という意味のネットスラングだが、最近は元の言葉自体、若い人に通用しなくなっているとの指摘がTwitterであり、衝撃を受ける人が相次いでいる。統計的な調査に基づく結果ではないため、若年層全体でそうした傾向があるのかは不明だが、そもそもネットで何かを調べるときにウェブ全般ではなくTwitterのタイムラインから調べる人が増えていること、また、ネットで何かを検索しても上位に表示されるのはトレンドページばかりだったりと、ググレカスという言葉の成立条件だったGoogleへの圧倒的信頼感が揺らいでいるのではとの考察も。同様に「半年ROMってろ」という言葉も存在感がなくなりつつあると指摘されており、これらスラングを世代を超えて使うときは、心してかかる必要がありそうだ。
Posted in ,  on 9月 24, 2020 by B-SON |