2020/07/03

【悲報】テレワークリスク(テレハラ、テレ鬱)が顕在化


以前、テレワークのリスクについて考察してみたが、それから2か月が経過し、想定通りリスクが顕在化しているように感じている。

特に顕在化しているのがテレ鬱。

政府の緊急事態宣言と強制在宅勤務がセットになったようで、テレハラは見受けられない。

当時はネット上でほとんど記事が無かったが、今は関連記事が容易に、しかも大量に見つかる。

ワンルームで在宅勤務する単身者の苦悩 「まるで独居房」の声も

コロナ禍がもたらすメンタル不全にどう向き合うか

在宅勤務のメンタル危機

在宅勤務でメンタルが危険水域に…会社員27歳を救った意外な“仕事”とは

テレワークで、体やメンタル不調の人が増加中。きちんと自分をケアする方法は?

“テレワークうつ”が急増中?その原因と心をリフレッシュする方法

テレワーク拡大も6割が「従業員のストレス増加」企業はメンタルケアが課題

リモートワークによるメンタルヘルスリスク

在宅勤務になった時点でビジネスとプライベートの境界線が溶解するため、ビジネスで受けたストレスがダイレクトにプライベートに影響してくる。

これをうまくコントロールできないとあっという間にメンタルがやられるが、正直上手くコントロールできる人は少数と考えられる。

一方で強制テレワークの導入により、自殺者が減ったとの情報もある。

ただ個人的にはテレワークで助かる人がいる一方で、同じ割合でテレワークによりメンタルをやられる人が出てくると考えている。

つまり、ヤられる人の割合は結局変わらないものとみている。

そう意味では、レジリエンスの強さが必要なのかなと思う今日この頃。