2021/06/13

SOCMINTとは?(転載)


警察が今話題のSOCMINTってやつに興味を示していることはよくわかった。 en.wikipedia.org/wiki/Social_me…: 警察が今話題のSOCMINTってやつに興味を示していることはよくわかった。
en.wikipedia.org/wiki/Social_me…

ソーシャルメディア・インテリジェンス(SMIまたはSOCMINT)とは、組織がユーザーのニーズに基づいて、会話を分析し、ソーシャルシグナルに反応し、ソーシャルデータポイントを意味のあるトレンドや分析に合成するためのツールやソリューションの集合体を指します。ソーシャルメディア・インテリジェンスでは、ソーシャルメディアサイトからの情報収集を、侵入または非侵入の両方の手段を用いて、オープンまたはクローズドのソーシャルネットワークから利用することができます。この種の情報収集は、OSINT(Open-Source Intelligence)の一要素です。

この言葉は、2012年にデビッド・オマンズ卿、ジェイミー・バートレット、カール・ミラーが、ロンドンのシンクタンクDemosのCentre for the Analysis of Social Mediaに寄稿した論文で生まれました。

この論文では、ソーシャルメディアが諜報活動や安全保障活動において重要な役割を果たしているが、ソーシャルメディアが強力な新しい諜報活動とみなされるためには、技術的、分析的、規制的な変化が必要であり、そのためには2000年英国調査権規制法の改正が必要であるとしています。

ソーシャルメディアとソーシャルメディア・モニタリングがダイナミックに進化していることを考えると、ソーシャルメディア・モニタリングが組織のビジネス価値創造にどのように役立つかについての現在の理解は不十分です。そのため、組織が(a)事業に関連するソーシャルメディアデータを抽出・分析する方法(Sensing)と、(b)ソーシャルメディアモニタリングから得られた外部情報を特定のビジネスイニシアチブに活用する方法(Seizing)を研究する必要があります。

調査によると、Twitter、Facebook(一般的なソーシャルネットワーキングサイト)、YouTube(最大の動画共有・ホスティングサイト)、ブログ、ディスカッションフォーラムなど、インターネット上の様々なソーシャルメディアプラットフォームが、過激派グループによって、自分たちの信念やイデオロギーを広めたり、過激化を促進したり、メンバーを募集したり、共通のアジェンダを持つオンライン仮想コミュニティを作るために悪用されていることがわかっています。また、Twitterなどの人気マイクロブログサイトは、内乱関連イベントの計画・動員時に、情報共有やコミュニケーションのためのリアルタイムプラットフォームとして利用されています。

広義には,ソーシャルメディアとは,コミュニティの間でコンテンツを生成し,広め,コミュニケーションを行う会話型の分散型モードを指します。放送を中心とした伝統的なメディアや産業メディアとは異なり、ソーシャルメディアは著者と読者の間の境界を取り払い、情報の消費と普及のプロセスは、情報の生成と共有のプロセスと本質的に絡み合ってきています。