2021/06/16

2021年のGlobal Threat Intelligence Report発行。ハッカーが世界の情勢の変化とリモートワークに伴う脆弱性を活用し、重要な産業を標的にしている(転載)


2021年のGlobal Threat Intelligence Reportを発行いたしました。ハッカーが世界の情勢の変化とリモートワークに伴う脆弱性を活用し、重要な産業を標的にしていることを明らかにしています。http://bit.ly/3b2AiX2 #GTIR2021 #cybersecurity:

2021年のGlobal Threat Intelligence Reportを発行いたしました。ハッカーが世界の情勢の変化とリモートワークに伴う脆弱性を活用し、重要な産業を標的にしていることを明らかにしています。 bit.ly/3b2AiX2 #GTIR2021 #cybersecurity

NTT Ltd.は、本日、2021年版グローバル・スレット・インテリジェンス・レポート(GTIR)を発表しました。このレポートでは、ハッカーが世界的な不安定化を利用して、基幹産業やリモートワークへの移行による共通の脆弱性を狙っていることを明らかにしています。医療、製造、金融の各業界では、攻撃が増加し(それぞれ200%、300%、53%)、これら上位3つのセクターの合計が、2020年の全攻撃の62%を占め、2019年から11%増加しています。

企業がクライアントポータルを利用して仮想的なリモートアクセスを提供しようとする中で、アプリケーション固有の攻撃やWebアプリケーションへの攻撃が急増し、攻撃全体の67%を占め、過去2年間で2倍以上に増加しました。医療機関は、遠隔医療やリモートケアへの移行に伴い、これらの攻撃の矢面に立たされており、この業界を標的とした敵対行為の97%がWebアプリケーションまたはアプリケーション固有の攻撃でした。

GTIRは、NTTのサイバーセキュリティアドバイザリから得られた知見をもとに、産業界のセキュリティプログラムの成熟度をスコア化したもので、スコアが高いほど、より成熟した行動計画であることを示しています。懸念されるのは、ヘルスケアと製造業の成熟度スコアが相対的に低く、それぞれ1.02と1.21であることです。これらは、2019年の基準値である1.12と1.32から減少していますが、攻撃率は大幅に上昇しています。製造業は3年間にわたってスコアが低下していますが、これは運用環境の変化と攻撃の進化が原因である可能性が高いです。一方、金融は3年連続で最高の成熟度ベンチマークスコアを示し続け、1.84となりましたが、昨年より0.02減少しました。

NTTのセキュリティ部門のCEOであるカズ・ヨザワは、「昨年、私たちは標的型攻撃やオポチュニスティック攻撃が急増すると予測しましたが、残念ながらそれはあまりにも真実であることがわかりました。これらの業界は、混乱した時代にも必要なサービスを維持するために最善を尽くしてきましたが、企業が最も必要とする時にセキュリティ基準が低下していることは憂慮すべきことです。サービスのオンライン化が進み、新しい常態に対応するためにデジタル化が進む中、企業はセキュリティのベストプラクティスを維持するために一層の注意を払う必要があります」と述べています。

マルウェアが変貌を遂げる。暗号マルウェアが急増する一方、トロイの木馬が一般的になる

マルウェアは、機能や特徴がコモディティ化している一方で、昨年は多機能なマルウェアの増加により多様化しています。世界で最も一般的なマルウェアは、スパイウェアに代わってクリプトマイナーが主流となっていますが、特定の産業に対する特定の亜種のマルウェアの使用は進化し続けています。ワームは、金融業と製造業で最も多く出現しました。ヘルスケア分野では、リモートアクセス用のトロイの木馬が、テクノロジー分野ではランサムウェアが標的となりました。 教育分野では、保護されていないインフラを悪用したマイニングが学生の間で流行したことにより、クリプトマイナーの被害を受けました。

暗号通貨市場はその代表例で、2020年に検出されるマルウェアのうち、クリプトマイナーが41%という驚異的な割合を占めています。XMRig coinminerは最も一般的な亜種で、coinminerの活動全体の約82%、特にEMEAでは約99%を占めています。

NTTのグローバル・スレット・インテリジェンス・センターを率いるマーク・トーマスは次のように述べています。"一方では、世界的な災害を利用する脅威のアクターがいて、他方では、前例のない市場の好況を利用するサイバー犯罪者がいます。どちらの状況にも共通しているのは、予測不可能性とリスクです。事業モデルの変化や新技術の導入は、悪意のあるアクターにとってチャンスであり、経験の浅い学生に人気のある暗号通貨市場の急成長により、攻撃は起こるべくして起こりました。パンデミックがより安定した段階に入った今、企業も個人も同様に、サプライチェーンを含むすべての業界でサイバーセキュリティの衛生管理を優先しなければなりません」と述べています。

2021年のGTIRのハイライト:

  • 製造業に対する攻撃は、昨年の7%から22%に増加し、医療機関は7%から17%に、金融機関は15%から23%に増加しています。

  • 複数の業界の組織で、COVID-19ワクチンと関連するサプライチェーンに関連する攻撃が見られました。

  • COVID-19のサイバー犯罪者の日和見主義は激化し、Ozie Team、Agent Tesla、TA505などのグループに加え、Vicious Panda、Mustang Panda、Cozy Bearなどの国民国家のアクターが2020年に非常に活発に活動しました。

  • 2020年に最も多く発生したマルウェアの形態は、マイナー。41%、トロイの木馬 26%、ワーム:10%、ランサムウェア:6%でした。

  • クリプトマイナーは、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)およびアメリカ大陸で多く見られましたが、アジア太平洋(APAC)では比較的まれでした。

  • 南北アメリカで最も標的とされたテクノロジーはOpenSSLでしたが、APACではトップ10にも入っていませんでした。

  • Schrems IIの判決を受けて、EU-USプライバシーシールドが無効になり、EUから第三国に個人データを転送する組織に追加の義務が課せられました。

  • NTTの調査によると、世界の企業の50%が、クラウドサービスのセキュリティ確保を優先しており、今後18ヶ月間のサイバーセキュリティの最重要課題となっています。

本年度の報告書が、今日のサイバー脅威の状況に対処するための強固なフレームワークを企業に提供している点については、リンクをクリックしてNTT Ltd. 2021 GTIRをダウンロードしてください。