2020/12/18

【転載】マイクロソフトは2021年8月17日のInternet Explorer終息に着手 / Microsoft begins to finally kill off Internet Explorer



マイクロソフト社は、Chromiumベースの新しいブラウザ「Microsoft Edge」を採用して、時代遅れのInternet Explorerを廃止するために、さらなる措置を講じようとしている。

マイクロソフト社は何年にもわたってユーザーにInternet Explorerからの切り替えを勧めてきたが、いまだにブラウザの市場シェアは5%近くにとどまっている。

多くの人にとってはまだ始まっていないとしても、間もなく開始されるマイクロソフトは、人々をInternet Explorerから遠ざけるためのより積極的な措置を取ることになるだろう。

互換性のないサイトのMicrosoft Edgeへの自動リダイレクト

Microsoft Edgeの最近のバージョンから、Internet Explorerが互換性のないサイトにアクセスすると、Microsoft Edgeで自動的にブラウジングセッションが起動し、ブラウジングセッションを継続するようになりました。

互換性のないサイトのリストはMicrosoftが管理しており、現在はTwitter、Facebook、Instagram、Google Drive、Microsoft Teams、ESPN、Yahoo Mailなど1,156サイトが含まれています。

このリダイレクトは、以下のように「IEtoEdge BHO」というInternet Explorerのブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)を介して行われます。


BHOに関連付けられたファイルは、「C:Program Files (x86)」フォルダの下にあります。

ie_to_edge_bho.dll
ie_to_edge_bho_64.dll
ie_to_edge_stub.exe

BHOでは、Webサイトを閲覧する際に、Internet Explorerに対応していないWebサイトがないかどうかを確認しています。対応している場合、BHOは自動的にMicrosoft Edgeでサイトを開き、以下のように「このサイトはInternet Explorerでは動作しません!」というメッセージを表示します。


アラートを表示すると、Microsoft Edgeでは、Internet Explorerの設定やデータ、CookieをMicrosoft Edgeに移行するようユーザーに促すメッセージも表示されます。
 
"以下の閲覧データがインポートされます。お気に入り、パスワード、検索エンジン、開いているタブ、履歴、設定、クッキー、ホームページ」とマイクロソフトは説明する。

データを移行しないことを選択した場合でも、『ブラウジングを続ける』ボタンをクリックして、Microsoft Edgeでウェブサイトを閲覧することができるという。

Internet Explorerと互換性のないサイトを閲覧している間、Microsoft Edgeでは、デフォルトブラウザを新しい最新のブラウザに設定するよう促すバナーが表示されます。


Microsoft Edgeでサイトを開くと、互換性のないサイトのIEタブは、コンテンツがなかった場合は自動的に閉じられます。そうでない場合は、"あなたが到達しようとしていたウェブサイトはInternet Explorerでは動作しません "と説明するMicrosoftのサポートページにリダイレクトされます。


10月26日、マイクロソフトは、先日追加されたサポートドキュメントに詳細が記載されているこのリダイレクト動作をユーザーが制御できるようにする新しいグループポリシーテンプレートを導入します。

  • RedirectSitesFromInternetExplorerPreventBHOInstall - Internet Explorer での「IEtoEdge BHO」のインストールを防ぐことができます。
  • RedirectSitesFromInternetExplorerRedirectMode - Internet Explorer の Microsoft Edge へのリダイレクトを無効にします。
  • HideInternetExplorerRedirectUXForIncompatibleSitesEnabled - 管理者がMicrosoft Edgeに表示されるリダイレクトアラートを無効にできるようにします。

Microsoftのサポート文書では、このリダイレクトは11月17日頃にリリースされるMicrosoft Edge 87で開始されるとされていますが、BleepingComputerのテストでは、Microsoft Edge 86.0.622.51ですでにリダイレクトが発生しています。

マイクロソフトのサービスは11月にIEのサポートを失う

今回のリダイレクトに加えて、Microsoftは、Microsoftが提供するさまざまなサービスでInternet Explorerのサポートを無効化する予定だという。

また、Microsoftは8月のブログ記事で、Microsoft Teamsが11月30日からInternet Explorer 11のサポートを終了することを明言していた。

Microsoftは最終的に、2021年8月17日にすべてのサービスでInternet Explorerのサポートを終了する予定だ。

引き続きInternet Explorerのサポートを必要とするユーザーは、Microsoft EdgeのInternet Explorer Modeを使用して後方互換性を保つことができるようになる。

Posted in ,  on 12月 18, 2020 by B-SON |