2020/12/10

Fire Eye のレッドチームツールが盗まれた・・・/ Unauthorized Access of FireEye Red Team Tools(転載)



Fire Eye のレッドチームツールが盗まれた・・・:

Fire Eyeのレッドチームツールが盗まれたとFire Eyeのブログで書いていますね。。。

● Fire Eye Blog Threat Research

・2020.12.08 Unauthorized Access of FireEye Red Team Tools

簡単にまとめてみると・・・


  • FBI、マイクロソフト等主要なパートナーと協力して、調査を行っている。
  • 国家が資金提供した高度に洗練された攻撃者によるものである。
  • 攻撃は斬新な技術が利用されている。
  • 攻撃者は、当社が顧客のセキュリティテストに使用している特定のレッドチームの評価ツールを標的にしてアクセスしたことがわかった。
  • これらのツールは、多くのサイバー脅威行為者の行動を模倣している。
  • これらのツールには、ゼロデイ エクスプロイトが含まれていない。
  • コミュニティを保護するという当社の目標に沿って、盗まれた ツールの使用を検出するための方法や手段を積極的に公開している。
  • 攻撃者が盗んだツールを利用するつもりなのか、それとも公開するつもりなのかはわからない。
  • Fire Eyeは、これらのツールが盗まれた場合の潜在的な影響を最小限に抑えるために、顧客やコミュニティ全体が使用できる300以上の対策を開発してきた。
  • これまでのところ、攻撃者が盗んだツールを使用したという証拠はない。
  • Fire Eyeは、セキュリティ・コミュニティの他の人々と同様に、盗んだツールを利用した活動がないかどうかを監視していく。
  • 盗まれたツールの使用を検出したり、ブロックしたりできる対策を用意している。具体的には、
    • 当社のセキュリティ製品に対策を施している。
    • セキュリティ・コミュニティがセキュリティ・ツールを更新できるように、これらの対策を共有している。
    • 対策は、ブログ記事「Unauthorized Access of FireEye Red Team Tools 」で公開している。
    • レッドチームツールの追加的な緩和策については、今後も、公開されたものと直接セキュリティパートナーとの間で共有し、改善していく。
  • 攻撃者は国家レベルでのサイバースパイ活動の一環として、主に特定の政府機関の顧客に関連する情報を求めていた。
  • 攻撃者はFire Eyeの内部システムの一部にアクセスすることができたが、攻撃者がFire Eyeのインシデント対応やコンサルティング業務から得た顧客情報を保存している主要システムや、ダイナミック脅威インテリジェンスシステムで製品が収集したメタデータからデータを持ち出したという証拠はない。
  • 顧客情報が持ち出されたことが判明した場合は、直接顧客に連絡する。

サイバーセキュリティの領域は、人々の生命、財産にも繋がっている問題ですので、ライバルと切磋琢磨することも重要ですが、全体の危機に際しては協力して対応することが重要ですよね。。。

ー以下ブログ原文ー

Overview

A highly sophisticated state-sponsored adversary stole FireEye Red Team tools. Because we believe that an adversary possesses these tools, and we do not know whether the attacker intends to use the stolen tools themselves or publicly disclose them, FireEye is releasing hundreds of countermeasures with this blog post to enable the broader security community to protect themselves against these tools. We have incorporated the countermeasures in our FireEye products—and shared these countermeasures with partners, government agencies—to significantly limit the ability of the bad actor to exploit the Red Team tools.

You can find a list of the countermeasures on the FireEye GitHub repository found HERE.

Red Team Tools and Techniques

A Red Team is a group of security professionals authorized and organized to mimic a potential adversary’s attack or exploitation capabilities against an enterprise’s security posture. Our Red Team’s objective is to improve enterprise cyber security by demonstrating the impacts of successful attacks and by showing the defenders (i.e., the Blue Team) how to counter them in an operational environment. We have been performing Red Team assessments for customers around the world for over 15 years. In that time, we have built up a set of scripts, tools, scanners, and techniques to help improve our clients’ security postures. Unfortunately, these tools were stolen by a highly sophisticated attacker.

The stolen tools range from simple scripts used for automating reconnaissance to entire frameworks that are similar to publicly available technologies such as CobaltStrike and Metasploit. Many of the Red Team tools have already been released to the community and are already distributed in our open-source virtual machine, CommandoVM.

Some of the tools are publicly available tools modified to evade basic security detection mechanisms. Other tools and frameworks were developed in-house for our Red Team.

No Zero-Day Exploits or Unknown Techniques

The Red Team tools stolen by the attacker did not contain zero-day exploits. The tools apply well-known and documented methods that are used by other red teams around the world. Although we do not believe that this theft will greatly advance the attacker’s overall capabilities, FireEye is doing everything it can to prevent such a scenario. 

It’s important to note that FireEye has not seen these tools disseminated or used by any adversaries, and we will continue to monitor for any such activity along with our security partners.

Detections to Help the Community

To empower the community to detect these tools, we are publishing countermeasures to help organizations identify these tools if they appear in the wild. In response to the theft of our Red Team tools, we have released hundreds of countermeasures for publicly available technologies like OpenIOC, Yara, Snort, and ClamAV.

A list of the countermeasure is available on the FireEye GitHub repository found here. We are releasing detections and will continue to update the public repository with overlapping countermeasures for host, network, and file-based indicators as we develop new or refine existing detections. In addition, we are publishing a list of CVEs that need to be addressed to limit the effectiveness of the Red Team tools on the GitHub page.

FireEye Products Protect Customers Against These Tools

Teams across FireEye have worked to build the countermeasures to protect our customers and the broader community. We have incorporated these countermeasures into our products and shared these countermeasures with our partners, including the Department of Homeland Security, who have incorporated the countermeasures into their products to provide broad coverage for the community.

More information on the detection signatures available can be found in the GitHub repository.