2020/05/13

国別経済指標の情報に簡単にアクセスする方法 【OANDA 国別経済指標】


2020年5月8日の米雇用統計で、非農業部門雇用者数が史上初の-2050万人を記録した。

日本の人口が約1.3億人だから、総人口の6人に1人が失業した計算になる。

ちなみにアメリカの労働人口の8人に1人が現在失業状態にあるという。

ただ、アメリカの雇用は流動的だから、景気が回復するとあっという間に吸収されてしまう。

ところで、このような各国の経済指標に簡単にアクセスできる情報源は無いのだろうか?

色々なニュースサイトがあるが、一番使い勝手が良さそうなのが、FX事業者であるOANDAが提供している国別経済指標である。

グラフになっており、クリックすることで拡大表示ができる点がとても利便性がいい。

こういうサイトを活用して効率よく分析を進めていきたい。
Posted in  on 5月 13, 2020 by B-SON |