2020/05/14

悲報! サイバー攻撃で1万2000件の情報流出(日本経済新聞社)


日本経済新聞社にて不審メールの開封によるマルウエア感染により、社員ら12,000人分の個人情報が詐取された。

想定損害賠償額シミュレータによる今回の損害試算】
約3,600万円

今回の件、詳細はまだ明らかになっていないが、2020年5月8日に情報流出を検知し、5月12日にプレスリリースを行っている点から、対策はかなりしっかりできている印象。

サイバー攻撃の足掛かりは、今回のような不審メールだったり、システムのアップデートサーバが攻められたりするのが主流で、今回は前者であった。

不審メールを足掛かりとしたサイバー攻撃は、マルウェアが既知のものであればアンチウイルスソフトやIPS/IDSによる防御が可能だが、新種のウイルスの場合は防御はほぼ不可能なので、SIEMを活用した早期発見がポイントとなる。

個人的には情報流出をどのようにしてキャッチしたのかが気になる(というか、知りたい)

【参考】
https://cybersecurity-jp.com/news/36422