2020/04/21

住居確保給付金


「住居確保給付金」という制度をご存じだろうか。

武漢ウイルスの広まりを受けて、2020年4月20日から制度が拡充するらしい。

自分は制度拡充のアナウンスで初めて聞いた。

難波金融伝 ミナミの帝王での名セリフが頭をよぎる

「法律ゆうんは弱いもんの味方やない、知っとるもんの味方するんや」

制度的には現在借りている部屋の家賃支払いが困難になった時に使うイメージだろうか。

当然受給にはいくつかの条件がある。

まずは収入。

基準が各都道府県ごとに異なるようだが、東京都の場合、給与額面で単身の場合138,000円未満であることが条件となる。

次に資産。

これも基準が各都道府県ごとに異なるようだが、世帯の預貯金合計額が基準額を下回っている必要がある。

基準額は100万円が上限となっているため、100万円未満が共通ルールだろうか。

都市部の単身者は50万円未満となっている模様。

負債がある場合に預貯金と相殺して・・・みたいなことは行われない。
逆に株式や保険等を持っていても、それは預貯金と合算されないらしい(ルールが預貯金合計額だからね。)

最後にハローワークに求職しに行っているか。

以前は細かいルールがあったため、あまり活用されなかった制度のようだが、制度改定により、ハローワークに求職を求めれば条件を満たせるようになっている模様。

ただし、職業訓練受講給付金をもらっている人はNGになる。

受け付けはハローワークなのかと思いきや、「自立相談支援機関」なる所に行かなければならないらしい。

あと、申請時に必要な書類は下記の通り

・免許証

・離職関係書類

・収入関係書類

・通帳

・賃貸借契約書

最後に、この給付金は申請者ではなく、大家に直接振り込まれる。

こういうご時世だからこそ、お国のセーフティネットはしっかり学んでおかないといけないと感じている。

繰り返すが、

「法律ゆうんは弱いもんの味方やない、知っとるもんの味方するんや」

である。

【参考】
https://www.youtube.com/watch?v=gcgsqmt5sWo