2021/08/05

日本航空は、搭乗したオリンピック選手の横暴をオーストラリアオリンピック委員会に報告 / Japan Airlines Complains To Australian Olympic Committee After Athletes Stole Alcohol From The Galley, Got Severely Drunk & Vomited In The Toilet(転載)~オーストラリア人は総じて野蛮な人種ということか?~



Japan Airlines Complains To Australian Olympic Committee After Athletes Stole Alcohol From The Galley, Got Severely Drunk & Vomited In The Toilet:

日本航空がオリンピック選手の機内での泥酔行為について正式な苦情を申し立てました。オーストラリアのオリンピック選手は、通常、バリやタイでオーストラリア人観光客だけが見せるような評判通りの活躍を見せているようです。

日本航空は国際オリンピック委員会(IOC)に、過度の飲酒、マスクの着用拒否、客室乗務員の無視、ギャレーからのアルコールの盗用、選手がトイレで嘔吐した事件などがあったことを通知しました。

固定観念を持つことは決して良いことではありませんが、特に今年のオリンピックのような国際的な舞台で国を代表するアスリートにとっては、固定観念を確認することはより悪いことでしょう。

メディアの報道によると、金曜日にシドニーに着陸したこのフライトには、9つのスポーツから49人のオーストラリア人選手が搭乗していました。悪行を告発されたオリンピアンの大半は、ラグビーとサッカーのチームから来ていました。

ロイターが報じた内容

オーストラリアオリンピック委員会は、東京からの帰国便で泥酔した選手たちが見せた「容認できない」行動の調査と処罰を、国内のラグビーとサッカーの両連盟に委ねると、イアン・チェスターマン総代表が水曜日に発表しました。

チェスターマン氏は、木曜日の日本航空(JAL)のフライトで起きた、過度の飲酒、マスク着用の拒否、客室乗務員の無視、そして選手がトイレで嘔吐したという事件に「深く失望した」と述べました。

「この行動は明らかに受け入れがたいものであり、このチームが設定した基準を満たしていません」と記者会見で述べました。

金曜日にシドニーに着陸したこの便には、9つのスポーツから49名の選手が搭乗していました。日本航空の広報担当者は、「現在も調査中」であると述べています。

チェスターマン氏によると、AOCはJALから今回の不正行為について報告を受けましたが、JALは正式な苦情を申し出ることはせず、今後もオーストラリアの選手をオーストラリアに送り続けるとのことです。

彼は、AOCに与えられる最も重い制裁である、将来の大会でオーストラリア代表として参加することを禁止するという措置が取られないことを強く示唆しました。 

今回のJAL便での悪行は、オーストラリアのラグビー選手やボート選手が、競技終了を祝って選手村の部屋を破損したことに続くものです。チェスターマン氏によると、漕ぎ手たちは謝罪したとのことです。

"オリンピックキャンペーンの紛れもないストレスや緊張感を解放する適切な方法があると思いますよ。

"しかし、他の人に迷惑をかけるような行動は全くもって不適切である。数人の人間が、非常に強いチームの評判を落としているのだ。"

もし、このような行為がカンタス航空のフライトで行われていたとしたら、これらの人々はその場で処分され、シドニーに到着した航空機は国境警備隊/AFPに出迎えられていただろうと思う。JALはこの状況ではあまりにも甘すぎる。

共同通信社では、ロイターの記事に含まれていない詳細情報を追加しました。

報告書によると、他の乗客によると、一部の選手は航空会社スタッフの指示に従わずに着席し、航空会社スタッフの懇願にもかかわらず、機内のギャレーに保管されていたアルコールをあさったとされています。さらに、ある乗客の報告によると、複数の選手が嘔吐を始め、飛行機の近くにあるトイレの一つが 使えなくなったとのことでした。

「明らかに、彼らはずっと飲んでいたので、マスクをしていなかった」と乗客の一人はタブロイド紙に語った。

日本航空は、オーストラリアオリンピック委員会に苦情文書を送付したことを確認し、水曜日に共同通信に「国を代表するアスリートとして旅をしているのだから、その事実を理解して行動してほしい」と語った。

これは、現時点では議論の余地すらない、深刻で恥ずかしい疑惑です。また、JALのシドニー便ほどではありませんが、ニュージーランドを拠点とするスポーツ選手が帰国便でかなりひどい行動をとったという同様のニュースもありました。

まとめ

オーストラリアのラグビー選手とサッカー選手が、先週、東京からシドニーへのフライト中に、犯罪行為とまではいかないまでも、非常に恥ずかしい行為を行いました。その内容は、客室乗務員の指示に従わず、機内の調理室を荒らし、自らアルコールを摂取してひどく酔っぱらってしまうというものでした。

普通の乗客は到着した時点で確実に逮捕されていたはずなのに、なぜスポーツをしている人たちには例外が設けられているのか不思議でならない。ここでは2層構造になっているようだ。これらのスポーツ選手は、その行動によって所属するスポーツ協会からの処分を受けるかもしれませんが、フライト中の違法行為には対処できません。

Posted in  on 8月 05, 2021 by B-SON |