2021/08/07

マレーシア航空、エアバスA380を退役させ、買い手を探す / Malaysia Airlines Retiring Airbus A380 Fleet, Looking For Buyer(転載)


Malaysia Airlines Retiring Airbus A380 Fleet, Looking For Buyer:

武漢ウイルスの影響で、エアバスA380の退役が加速しています。エールフランス、エティハド航空、ルフトハンザ、タイ国際航空がA380を退役させた(または退役を予定している)ほか、カタール航空もA380を退役させる可能性が高いようです。

2021年5月、マレーシア航空がA380の退役を計画していることが明らかになりましたが、同航空は現在、これらの航空機の売却を正式に検討しています。

マレーシア航空のA380の歴史

2021年5月、マレーシア航空のCEOは、エアバスA380の機体を退役させる予定であることを確認しました。

私たちは、この飛行機を売却するという課題を認識していますが、380型機を処分する方法や手段を検討しています。現時点では、380型機は将来の計画に合わないと経営陣は確信しています。

ちなみに、マレーシア航空が保有するエアバスA380は、2012年と2013年に納品された6機のみです。

マレーシア航空のA380は、合計494席のシートを備えています。

  • ファーストクラス8席(1-2-1構成)(最近は "ビジネス・スイート "と呼ばれています
  • アッパーデッキのビジネスクラス66席(2-2-2配列、フルフラット
  • 420席のエコノミーシート(1階、2階とも):1階は3-4-3配列、2階は2-4-2配列

マレーシア航空、A380型機の売却を検討中

マレーシア航空は、同社のスーパージャンボジェット機を売却するために、LinkedInに投稿しました。同社は、エアバスA380を6機、機体全体または部品を売却するための公開入札を行いたいと考えています。興味のある買い手は、2021年8月12日までに航空会社に連絡するように言われています。

他の航空会社が同じようなことをしているのを見たことがありますし、A380の中古機で最終的に飛んだのはHi Flyだけでした(その機体はすでに引退していますが)。

これが一番驚かないA380の引退

現実には、マレーシア航空のA380の退役を武漢ウイルスのせいにすることはできないのです。他の多くの航空会社と同様に、マレーシア航空は歴史的に経営状態の悪い、政府所有の航空会社でした。

この航空会社は、事業を継続するのに十分な資金を得たが、事業として成り立つための自由度は十分ではなかった。収益性よりも見栄が優先されており、A380の発注はそれを反映したものでした。

マレーシア航空は、2015年までさかのぼってA380型機の売却を試みていました。2016年に航空会社は、A380を他の航空会社に短期的にウェットリースする姉妹ビジネスを作る計画を思いつきました。

そして2017年、マレーシア航空の経営陣は再び考えを改め、より多くのキャパシティを必要とする目的地にA380を追加するという新たな計画を立てました。それ以来、これらの飛行機は全く活用されていません。

結論

マレーシア航空は、保有している6機のエアバスA380を退役させる意向で、これらの飛行機の売却を検討しています。マレーシア航空は、2015年にもA380の廃棄を検討しており、パンデミック前でさえ、これらの飛行機をあまり飛ばしていませんでした。現時点では、クアラルンプールを拠点とする航空会社は、たとえマレーシア航空がお金を得ることができなくても、何があってもこの飛行機を捨てるようです。

Posted in ,  on 8月 07, 2021 by B-SON |