2021/05/09

セブン銀行の不正引き出し事件の話 / The Incredible Rise of North Korea’s Hacking Army(転載)


これ、セブン銀行の不正引き出し事件の話か https://t.co/YSuRIW1gpc Quoted tweet from @mhatta: The Incredible Rise of North Korea’s Hacking Army buff.ly/3aoR4zf: これ、セブン銀行の不正引き出し事件の話か
https://t.co/YSuRIW1gpc
The Incredible Rise of North Korea’s Hacking Army buff.ly/3aoR4zf

下村は、日本最大のヤクザ組織である山口組の組員だった。上司の一人から「手っ取り早く一山稼ぎたい」と言われた彼は、当然ながら「はい」と答えた。それは2016年5月14日のことで、下村は名古屋市に住んでいた。32歳の痩せ型で、表情豊かな目をした彼は、自分の外見に誇りを持っており、スーツに鏡面仕上げのローファーを履いていることが多かった。しかし、彼は組織の中では、借金の取り立て役、雑用係といったマイナーな存在だった。

上司は「この計画はリスクが低い」と断言し、その日の夜、名古屋のバーで開かれる会合に出席するよう指示した。山口組を脱退した下村は、名字だけの紹介を希望していた)。下村の前に現れたのは3人のヤクザだったが、誰も下村を知らなかった。下村は多くのヤクザと同様に朝鮮系であり、他の2人も在日朝鮮人で、しばらくは韓国語で会話していた。ようやく上役が来て、5人は個室に移った。それぞれのボランティアには、真っ白なクレジットカードが渡された。カードにはチップも番号も名前もなく、磁気の帯が付いているだけだった。

日曜日の早朝にセブンイレブンに行って、その店のATMで白いカードを使ってください。暴力団員は、1回に10万円(約900ドル)を引き出すが、1台の機械での取引は19回までとする。もし、1台のATMで20回も引き出したら、カードが使えなくなってしまうからだ。引き出しは朝5時から8時まで可能で、日本語を選択するように言われた。19回引き出したら、1時間待ってから他のセブンイレブンに行くこと。現金の10%は彼らが持つことができる。残りは上司の手に渡る。最後に、PIN(暗証番号)を覚えるように言われた。

日曜日の朝、下村は早起きして、ジーンズにサングラス、野球帽、古着のTシャツという格好で出かけた。セブンイレブンでおにぎりとコーラを買って、気持ちを落ち着かせていた。ATMにカードを挿入し、画面に表示された「言語を選択してください」という質問に、緊張しながら「日本語」を選択した。そして、10万円、さらに10万円、さらに10万円と引き出していった。店内にはレジのおじさん以外に誰もいない。

午前8時頃、周辺の複数のATMで合計38回の引き出しを終えた彼は、引き出した現金でポケットいっぱいになったため、家路についた。380万円は大金だ。下村は10分の1の約3,500ドルをアパートの引き出しにしまった。そして、午後3時に上司と会い、残りのお金を届けに行った。後日、他のヤクザの一人が金とカードを持って逃げたことが分かった)。

上司は下村に、「ボランティアが持ってきたお金の5%を自分が持っていて、残りのお金は上司に送る」と言った。下村がお金を渡したとき、上司は他にも多くの人を集めていることを感じたという。その通りであった。すぐに新聞が報じたように、南アフリカのスタンダード銀行から盗まれたデータを使って、その日の朝、日本全国のセブン-イレブンのATM約1,700店から1,600万ドル以上が引き出された。新聞では、セブン-イレブンが狙われた理由として、日本のコンビニエンスストアの中で唯一、キャッシュ端末がすべて外国のカードに対応していたからだと推測している。襲撃の直後、日本の多くのATMの引き出し限度額が5万円に引き下げられた。

下村は、自分が詐欺の食物連鎖の一番下にいたのだと推測した。本当の金づるはもっと上にいる。昨年、本誌のインタビューを受けるまで、下村は、その頂点にいる悪人の正体を知らなかった。日本の警察によると、セブン銀行不正引き出し事件の直後、首謀者は中国から北朝鮮に渡ったという。下村は、知らず知らずのうちに朝鮮人民軍の資金を集めていたのである。

東アジアの夜の衛星写真では、黄海と日本海の間、三十八度線と四十三度線の間にある薄暗い部分を除いて、ほとんどの場所で光が輝いている。北朝鮮である。首都の平壌だけが、明らかに近代的な光を放っている。この暗黒の国は、世界で最後の名目上の共産主義国家の一つであり、半島が分断された後の1948年以来、北朝鮮を支配してきたのは金正恩を中心としたスターリン主義の人格崇拝である。北朝鮮は、チュチェ(主体思想)の原則に基づいた社会主義の独裁国家であると称している。国境は閉ざされ、国民は隔離されています。外国人にとって、北朝鮮で何が起きているのかを理解することは非常に困難であるが、一般の北朝鮮市民が外の世界について知ることはさらに困難である。インターネットにアクセスできるのは、北朝鮮国民の1%というごくわずかな割合である。

しかし、逆説的ではあるが、北朝鮮政府は世界で最も熟練したハッカーを輩出している。一見すると、ジャマイカがボブスレーでオリンピックの金メダルを獲得したような変則的で滑稽な状況ですが、北朝鮮のサイバー脅威は現実に存在し、拡大しています。米国を含む多くの国と同様に、北朝鮮は攻撃用および情報収集用のサイバー兵器を軍に装備しています。その中には、北の隣国との戦争の進め方を詳細に分析した「作戦計画5015」と呼ばれる文書や、特に金正恩を暗殺して北朝鮮の「斬首計画」が含まれていました。ソウルのシンクタンクである韓国統一研究院の元院長、キム・テウ氏は、フィナンシャル・タイムズ紙に「私の心の中には、韓国軍が第2の戦略を意図して、わざと機密文書を北に漏らしたのではないかと思っています」と語っているほど、今回の漏洩は悪質なものでした。

北朝鮮は、世界で唯一、金銭的な利益を得るために明らかに犯罪的なハッキングを行うことが知られている国でもある。北朝鮮の軍事情報部門である偵察総局の部隊は、この目的のために特別に訓練されている。2013年、金正恩は「勇敢な偵察総局」で働く男たちを「強盛大国建設のための...戦士」と表現した。
Posted in ,  on 5月 09, 2021 by B-SON |