2021/05/21

液体窒素ダイエット(クライオセラピー / cryotherapy)とは


 液体窒素ダイエットってご存じだろうか?

以前見聞きして気になっていたのだが、記憶から消え去る前にこちらに残しておきたい。

液体窒素って冷たいイメージしかないが、その液体窒素を使って全身を冷却することで血管を収縮し、その後、血管が元に戻ろうと膨張することで、血流を促進、カラダの中の老廃物や疲労物質を流す、というもの。

液体窒素を利用して、-120℃~-196℃程度の超低温状態になったキャビン内に入って身体全体を急速に冷すのが概要で、1回につき、2~3分間程度入る。

これが、アンチエイジングや疲労回復、ダイエットの観点から注目されているらしい。

ダイエットの観点でいうとポイントは2つあるようで、

  1. アポトーシスによる脂肪細胞消滅
    全身ケアがわずか2分から3分で効率的にできるクライオセラピーでは、冷やされた脂肪細胞が、自ら消滅するというアポトーシスという状態に陥らせることができます。 アポトーシスは体が自らの体のために細胞を消滅させるという働きです。 これにより、脂肪細胞が体外へ排出されるため、脂肪細胞が元に戻らずリバウンドのリスクも減少できます。

  2. 脂肪細胞の燃焼
    自然環境では到底考えられない-196℃までの超低温環境に一気に引き込むことで、体は驚いて体の機能を保つために体温を保たせようとします。 そのために熱を一気に高め、エネルギーの量産を図ります。 この際、蓄積された脂肪細胞が熱エネルギーの量産のために使われ、わずか短時間のクライオセラピーで効果的に痩せることができる。

んー。ポジティブにとらえると、使わない脂肪細胞は死滅して減るし、生き残った細胞は燃焼して激やせって感じがするが、

一方で、脂肪細胞は「死ぬ」のか「燃やされる」のか、どっちやねんって感じ。

1回の施術が2~3分で完了するというのはあ非常に魅力的だが、このダイエット方法、分野的に日本より何歩も先行くアメリカでも認証や規制等はまだされていないようで、何をどう誤ったのか、キャビンで凍死した事件も起きている模様。

日本でも液体窒素ダイエットを提供している事業者はいるようだが、まぁ自己責任ということで。

【参考】
日本クライオ療法推進協会

Posted in  on 5月 21, 2021 by B-SON |