2021/04/28

Passwordstateの更新配信サーバが不正アクセスを受け、不正なDLLを混入される。 / Passwordstate hackers phish for more victims with updated malware(転載)~サプライチェーンリスクの顕在化事例~


Passwordstate hackers phish for more victims with updated malware:

企業向けパスワードマネージャー「Passwordstate」を提供しているクリックスタジオ社は、「Moserpass」という最新のマルウェアを使ったフィッシング攻撃が続いているとして、顧客に警告を発しています。

先週、クリックスタジオ社は、4月20日から4月22日の間に、攻撃者がパスワードマネージャーの更新メカニズムを悪用して、情報を盗むマルウェア「Moserpass」を、まだ公表されていない数の顧客に配信することに成功したと、ユーザーに通知しました。

クリックスタジオ社は日曜日に2回目の勧告を発表し、"上記の時間帯に所定のアップグレードを行った顧客のみが影響を受けていると考えられ、Passwordstateのパスワード記録が盗まれている可能性がある "と述べた。

フィッシングメッセージのコピー ソーシャルメディアで共有されるClick Studiosメール

それ以来、クリックスタジオ社は、影響を受けた可能性のあるお客様に電子メールで支援を行い、お客様のシステムからマルウェアを取り除くためのホットフィックスを提供してきました。

しかし、今回の勧告で明らかになったように、クリックスタジオ社から受け取ったメールがソーシャルメディア上で顧客に共有されたことで、未知の脅威行為者が同社の対応に似せたフィッシングメールを作成し、新たなMoserpassの亜種を押し付けていました。

Passwordstateのお客様を対象とした、Moserpassデータ盗難マルウェアに感染させようとする継続的なフィッシング攻撃は、少数のお客様を対象としていると報告されています。

同社は現在、不審な電子メールを受け取った方に、「警戒を怠らず、あらゆる電子メールの有効性を確認してください」と呼びかけています。

" メールが当社からのものかどうかわからない場合は、テクニカルサポートにメールを添付して送信し、確認してください」とクリックスタジオは付け加えています。

初期分析によると、このファイルには、不正なMoserware.SecretSplitter.dllの新しい修正バージョンが含まれており、読み込み時に別のサイトを使用してペイロードファイルを取得しようとします。このペイロードファイルは現在も分析中です。- クリックスタジオ社

お客様には、保存されているすべてのパスワードをリセットするようお願いします。

Moserpassマルウェアは、システム情報とPasswordstateのデータベースから抽出した以下のようなパスワードデータの両方を収集し、流出させるように設計されています。

  • コンピュータ名、ユーザ名、ドメイン名、現在のプロセス名、現在のプロセスID、実行中のすべてのプロセス名とID、実行中のすべてのサービス名、表示名、ステータス、Passwordstateインスタンスのプロキシサーバアドレス、ユーザ名とパスワード

  • タイトル、ユーザー名、説明、GenericField1、GenericField2、GenericField3、メモ、URL、パスワード

クリックスタジオ社は、今回の侵害でクライアントをアップグレードしたPasswordstateのお客様に、データベースに保存されているすべてのパスワードをリセットするようアドバイスしました。

Passwordstateは、開発元が主張しているように、世界中の29,000社で働く37万人以上のIT専門家が使用しているオンプレミス型のパスワード管理ソフトです。

クリックスタジオ社のソフトウェアは、政府、防衛、航空宇宙、金融、ヘルスケア、自動車、法律、メディアなど、幅広い業種の企業(フォーチュン500ランキングに入っている企業も多数)に採用されています。