2021/04/05

Facebookから5億3300万人分のユーザーデータが流出 / 533M Facebook users’ data leaked for free(転載)


533M Facebook users’ data leaked for free:

あるリーク情報によると、5億人以上のFacebookユーザーの情報(電話番号などを含む)を事実上無料で提供しているという。このデータベースは昨年6月からオンラインで公開されている。

イスラエルのサイバー犯罪情報会社「Hudson Rock」の共同設立者であるAlon Gal氏は、このデータベースは、1月からハッカー界で出回っているFacebookに関連する電話番号のセットと同じものである可能性があると述べています(その存在は、技術系雑誌「Motherboard」が最初に報じました)。

"Facebookのアカウントを持っている人は、そのアカウントに使われている電話番号が流出している可能性が極めて高い "とGalはツイートしています。

533,000,000件のFacebookの全記録が無料でリークされています。

つまり、Facebookのアカウントを持っている人は、そのアカウントに使われている電話番号が流出している可能性が極めて高いということです。

このようなデータに対する絶対的な過失を、Facebookはまだ認めていません。 https://t.co/ysGCPZm5U3 pic.twitter.com/nM0Fu4GDY8

— Alon Gal (Under the Breach) (@UnderTheBreach) April 3, 2021

サイバーニュースの調査チームによると、このデータベースは昨年6月から同じフォーラムで販売されていました。数日前には、数ドルでデータベースを照会できるTelegramのボットが作成され、実質的に無料で利用できるようになりました。

このデータベースには106カ国のエントリーがあり、氏名、携帯電話番号、少数の電子メールアドレス、性別、職業、居住地、婚姻状況などが含まれています。

最も被害を受けた国は米国と英国で、それぞれ3,200万人と1,150万人のFacebookユーザーのデータが流出しました。

専門家の間では、今回の事件のずっと前から、このプライバシー問題は大きく報道されていないと主張し、赤旗を掲げていました。セキュリティ専門家は、流出したデータがマーケティング目的だけでなく、人になりすまして詐欺を働くことにも使われる可能性があると警告しています。

過去のセキュリティ侵害でお客様のオンラインアカウントが公開されていないかどうかを確認するには、150億件以上の侵害記録を収録した個人情報漏洩チェックツールをご利用ください。

ロイターがメッセージングサービスのTelegramを使ってこのリーク者に連絡を取ろうとしましたが、すぐには成功しませんでした。また、Facebookはコメントを求めるメッセージを返信していません。

今年初めのMotherboardの記事は、流出したデータは同社が2019年8月に修正したバグの成果のようだとするFacebookのコメントを引用している。

ガルはロイターに対し、Facebookユーザーは今後数ヶ月の間に、電話番号やその他の個人情報を入手した可能性のある人物による「ソーシャルエンジニアリング攻撃」に警戒すべきだと述べました。今回のリークのニュースは、Business Insiderが最初に報じました。

フェイスブックは、ケンブリッジ・アナリティカを筆頭に、第三者によるユーザーデータのスクレイピングや収集を認めていることで、長い間批判されてきました。