2021/11/04

変更不可の格安航空券が病気をばら撒く? / Why The Cheapest Airline Fares May Make You Sick ~様々な観点で乗客を軽視するユナイテッド航空~


Why The Cheapest Airline Fares May Make You Sick:

ユナイテッド航空は、オーバーブッキングで提供座席数より実際の乗客が多くなった場合、一部の乗客に暴行を加えて無理やり引きずりおろしたりすることで、客を客と思っていない航空会社ですが、武漢ウイルが蔓延するこのご時世、乗客の健康もないがしろにしています。

ユナイテッド航空とアメリカン航空のベーシックエコノミー航空券は、一切予約変更ができません。もし病気になって飛行機に乗らなければ、チケットの価値はすべて失われます。(デルタ航空は期間限定でベーシックエコノミーのチケットを変更可能にしました)

武漢ウイルスの蔓延で、ほとんどの米国内線および米国発の国際線航空券には、変更手数料が適用されなくなりましたが、旅程を変更する際には、運賃の差額を支払うことになります。病気の時に飛行機に乗らないことは、自分のためだけではなく、周りの乗客に病気をうつさないためにも良いことです。

しかし、予約変更が可能なチケットを購入し、ベーシックエコノミーを避けることを選択しても、他の人から病気をもらうことを防ぐことはできません。そして、病気にならないと価値がなくなるチケットを販売することで、他の乗客が病気になるように煽っている航空会社(=ユナイテッド航空やアメリカン航空)を利用すると、病気の人が出やすい環境に置かれることになります。

ベーシックエコノミーは、航空会社が価格に敏感なレジャー客と、価値に敏感なビジネス客を分けるためのものです。航空会社はどちらにも販売し、同じ座席を販売したいと考えているが、一方でビジネス客には彼らが支払う金額よりも低い価格で航空券を販売しないようにしています。

ベーシックエコノミーの制限は様々です。ユナイテッド航空では、フルサイズのキャリーバッグの持ち込みや、バッグを預けないベーシックなお客様のオンラインチェックインはできません。アメリカン航空では、この運賃ではエリートステータスへの加算はありません。また、事前の座席指定もできないか、有料となっています。これらはすべて公正なものですが、変更不可という制限は公衆衛生の観点から問題があります。

健康を気遣う乗客は、病気になってもチケットを変更できない乗客に囲まれた航空会社に乗るかどうかを検討するべきです。

サウスウェスト航空ではベーシックエコノミーのチケットは販売していません。サウスウエスト航空の航空券は、すべて手数料なしで変更可能です。そのため、飛行機に乗っても体調を崩したくない乗客にとっては、サウスウェストが好ましい航空会社かもしれない。

Posted in ,  on 11月 04, 2021 by B-SON |