2021/11/08

週刊OSINT 2021-37号 / Week in OSINT #2021-37(転載)

Week in OSINT #2021-37
 

今号は、次のような話題をお届けします。

  • Why Look at the Page Source?
  • WeVerify Plugin
  • Start.me on Canada
  • IOCs on Twitter
  • Whatsmyname
  • Finding Hidden Content on LinkedIn
  • Google Alerts

Tip: なぜページソースを見るのか?

OSINT分野のハードヒッターが、Twitterで質問をしたらどうなるでしょうか?その質問が「Webページのソースコードを見るべき理由を教えてください」だったらどうでしょう。その結果、興味深いツイッターのスレッドができ、なぜそれが実りあるものになるのか、たくさんの例が出てきます。解析コード、隠れたメタデータ、タイムスタンプ、解析されたJSONデータなど、多くの発見がありました。Kirbyさん、ご質問ありがとうございました。

The #OSINT question for this week: give one reason you might look at the source code or inspect panel for a website during an investigation.

— kirbstr (@kirbstr) September 7, 2021

Link: Twitter thread


ツール: WeVerify Plugin

フェイクニュースに対抗するための最良のツールの一つが、WeVerifyプロジェクトのツールボックスです。このツールボックスはブラウザに組み込まれており、ワンクリックで画像の逆引き検索や、便利なツールを集めたメニューを表示することができます。さらに、便利な新機能が追加されたことで、さらに進化しています。

  • TwitterやFacebookからのメタデータ
  • OCRツール
  • イメージフォレンジックの強化
  • ファクトチェックサイトのGoogle検索
  • ソーシャルメディアのGoogle検索

何よりも素晴らしいのは、ツールの中に学習教材やゲームが用意されていることです。コンテンツのファクトチェックに慣れていない人は、「クラスルーム」や「デモ」を見て、スピードを上げていきましょう。ジャーナリストや研究者のみが利用できるツールもありますので、より高度な機能を利用したい方はアカウントを登録してください。Firefoxのアドオンもいつかアップデートされることを期待しましょう。

「フェイクニュースゲーム」で自分のスキルを試す


リンク: Start.me on Canada

Ritu Gillは、カナダに関する有用な情報を集めた「Start.me」のページを作成しました。国レベルのリンクだけでなく、州や地域別のリンクにも分けられています。膨大な量のリンクが掲載されており、カテゴリー別に分けられていないため少し検索する必要がありますが、必要に応じて有用なリンクの世界が広がっています。すべてのハードワークと、それをコミュニティと共有することに感謝します

カナダの情報が必要ですか?そんな時はこのサイトをご利用ください。



Tip: IOCs on Twitter

Daniel Lópezはセキュリティアナリストで、phishhunt.ioの開発者です。phishhunt.ioは、ダニエル・ロペス氏のウェブサイト、Twitter、またはGitHubのリポジトリから、Twitterで共有されているIOCを見つけることができます。

ツイッターでのIOCコレクション

彼のレポでもうひとつ興味深いのは、フィッシングキットのコレクションです。Phishhunt.ioは、アクティブなフィッシングサイトをダウンロードし、GitHubのレポに保存しています。ここにあるコレクションは本当に役に立ちます。

Link: TweetFeed

Link: Phishing kits


ツール: Whatsmyname

2015年10月にMicah Hoffmanは、ユーザー名を列挙するツールWhatsmynameを作成しました。このスクリプトは他のツールとは異なり、ウェブサイトに問い合わせをして、エラーがなければヒットするというものではありません。WebサイトやAPIにクエリを送信した後、実際にコンテンツを確認します。誤検出が減り、手作業に費やす時間も減りました。また、コミュニティのおかげで、さらに多くのサイトが追加されました。現在、300以上のウェブサイトが含まれていますが、あなたの助けが必要です。お気軽にフォームにご記入いただくか、プルリクエストを作成してサイトを追加してください。

Link: GitHub repo

Link: WhatsMyName web app


Tip: LinkedInの隠れたコンテンツを見つける

LinkedInユーザーにとっては、すべてが見えるわけではありません。なぜなら、プロフィールを見てもはっきりとは見えない情報もあるからです。しかし、古き良き時代のGoogleは、これらの隠れた情報を認識しており、Henk van EssTwitterのスレッドで示したように、人々が働く場所を検索することもできます。

LinkedInで間接的に人を検索する

また、自分のプロフィールがGoogleにインデックスされないようにしても、追加した会社の従業員として表示されてしまいます。Irina Shamaevaのサイトでは、LinkedInの便利なクエリを紹介しています。

Link: Booleanstrings


Tutorial: Google Alerts

Tracy MaleeffがGoogleアラートの作成方法について短いチュートリアルを書きました。Googleアラートは、特定のトピックに関する情報を、メールボックスやRSSフィードで簡単に収集することができるサービスです。Googleのこのサービスは2003年に開始されたもので、Googleのデータベースに新しくインデックスされたURLが「アラート」にマッチすると、アラートの作成者に通知されるというサービスを提供しています。非常に便利で、設定も簡単です。この小さなチュートリアルに感謝します。

アラートの設定 - Image by InfoSecSherpa

Link: https://link.medium.com/zboIT78fHjb