2021/11/12

現状維持とは、退化のことである(転載)


現状維持とは、退化のことである:

神楽坂にある和食のお店に出かけました。ミシュランで13年連続3ツ星を維持し続けている、予約のなかなか取れない名店です。

インスタ映えするような、派手な盛り付けはありませんが、丁寧に下ごしらえして品のあるお料理と、丁寧な接客が、何回いってもしみじみと満足できるお気に入りのお店です。

老舗の変わらない味を伝統として守っているように見えますが、毎回新しいお料理が登場して進化しています。

今回の最後に出てきた土鍋ご飯は、牛肉が入った珍しいものでした。ひょうきんなご主人が自らテーブル前で仕上げをしてくれます。

炊き立てのご飯に生の牛肉の薄切りを入れて、かき混ぜてご飯の熱で牛肉に火を入れます。レア感の残った牛肉の味がご飯と一体になって、薄味で何杯でも食べられる絶妙な仕上がりでした。

老舗の人気店であっても、進歩や改善をやめてしまえば、お客様は離れていきます。世の中が変化して、来店客の好みが変われば現状維持は退化を意味するのです。

ソフトバンクの孫正義氏は「髪の毛が後退しているのではなく、私が前進しているのだ」という名言を残しました。

進化しているのか、退化しているのかは、自分の相対的な位置がどちらに向かっているかによって決められるものです。

世の中の変化よりも大きく動かなければ、それは相対的には退化を意味するのです。

Posted in ,  on 11月 12, 2021 by B-SON |