2021/09/29

顔認証システムで現金の引き出しや決済を可能に / 日企开发人脸识别系统:取款购物瞬间完成认证支付(転載)~生体認証の情報は流出すると代替がきかないのを理解しているのだろうか?~


日企开发人脸识别系统:取款购物瞬间完成认证支付:

共同通信社のウェブサイトに掲載された記事によると、日本のリソナホールディングスやパナソニックなど4社がこのほど、顔認証技術を使ったシステムを共同開発し、これらのサービスを提供することを発表した。 このシステムが適用されると、事前に顔写真を登録しておけば、手ぶらで銀行の窓口でお金を出し入れしたり、小売店で買い物をしたりすることができるようになります。

また、ホテルやレンタカーのチェックイン時の本人確認にも利用できるとのことで、幅広い分野での利便性向上が期待できます。

リソナ、顔認証技術を持つパナソニックに加え、デジタル技術を用いた本人確認に強みを持つ大日本印刷、決済サービスを行うJCBの4社が参加。

この技術は、今年はリソナ内の部屋の入退室管理に使用され、来年は顔認証を利用して、通帳やキャッシュカードを使わずに、リソナ銀行の一部の店舗でお金の引き出しや送金、投信の購入などができるように実験していく予定です。 将来的には、自社での開発が困難な地方銀行などへの展開も検討しています。

JCBでは、クレジットカードショップのネットワークを活用したサービスを展開し、顔写真を事前に登録したお客様が来店した際に、瞬時に本人確認と決済を完了できる仕組みを検討しています。

顔写真の登録はお客様の同意が前提となりますが、プライバシー保護の観点から、いかにセキュリティを確保するかがサービス普及の鍵となるかもしれません。

本サービスでは、ユーザーの顔写真データは、外部からアクセスできないリソナ社が管理するサーバーに保管されます。 パナソニックの取締役は、"人工知能の発達により、顔認証の精度が飛躍的に向上しており、不正なアクセスは難しい "と述べています。