2021/09/27

多要素認証はサイバー攻撃の9割を防ぐ / Multi-Factor Authentication Can Prevent 90% of Attacks(転載)


多要素認証はサイバー攻撃の9割を防ぐ:

多要素認証(MFA)を使用することで、サイバー攻撃の80〜90%を防ぐことができると、米国国家安全保障局のサイバーチーフが発表しました。

サイバー・新技術担当の国家安全保障副顧問であるアン・ニューバーガー氏によると、先週のバイデン大統領との会談に出席したハイテク企業のCEOの多くが、この法令に言及していたという。

MFAは、バイデン氏がサイバーセキュリティに関する大統領令の一環として、11月までに連邦政府全体で展開することを義務付けた5つの重要施策の1つです。

MFAに加えて、米国の組織のリーダーシップチームに、この連休前に4つのステップを実施するよう促しました。その4つとは、強力なパスワード、すべてのソフトウェアへの迅速なパッチ適用、インシデント対応計画の見直し、企業ネットワークから分離された最新のバックアップです。

ニューバーガー氏との記者会見が木曜日に行われたことを考えると、これらの措置を金曜日のまでに間に合わせることは不可能であり、特に「すべてのソフトウェアを更新し、パッチを当ててください」という言葉は重要である。

しかし、国や国家の安全を攻撃から守るためには、組織がその役割を果たさなければならないことをあらためて認識させられました。

ニューバーガー氏は、今回の大統領令に加え、6月にビジネスリーダーに向けた書簡を作成し、ランサムウェアの脅威が高まっていることを受けて対策を講じるよう促したと言われています。

また、今週、CISAとFBIが、Colonial Pipeline、JBS、Kaseyaへの攻撃のような大規模なランサムウェアの攻撃は、いずれも休日の週末に発生していると警告したことを受けてのことです。

そのため、ニューバーガー氏は、CISAが企業に対して、被害が出る前に攻撃を回避するために、脅威のハンティングを行うべきだというアドバイスを繰り返しました。

「セキュリティチームは、ネットワーク上で積極的にハンティングを行うべきです。これは、デジタル版の "Walking the beat "のようなものです。ネットワークが危険にさらされている初期の兆候や、ネットワークに異常がないかどうかを確認してください」と述べています。

興味深いことに、ニューバーガー氏は、過去2、3ヶ月の間に大規模なランサムウェア攻撃の頻度が低下していることを指摘していますが、その理由については言及していません。

ニューバーガー氏