2021/09/24

CISAによるランサムウェアの攻撃から企業を守る方法 / Here’s how to secure your company against ransomware attacks, according to CISA(転載)


Here’s how to secure your company against ransomware attacks, according to CISA:

ランサムウェアによる攻撃は、民間企業、重要インフラ、政府組織に深刻な損害と莫大な経済的損失をもたらし続けています。ここ数年、法執行機関やセキュリティ企業は、Colonial Pipeline社やソフトウェア企業Kaseya社に対する最近の攻撃を含め、数多くのランサムウェア攻撃に対応してきました。

Cybersecurity Ventures社によると、ランサムウェアによる攻撃は、2031年までに被害者に年間2,650億ドル以上の損害を与えると言われています。専門家によると、ランサムウェアの攻撃によって引き起こされるセキュリティ侵害は、2秒ごとに発生していると考えられています。

この予測は、近年、この犯罪行為が著しく加速しているという観察に基づいています。

先日、米国のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は、ランサムウェア攻撃に起因するデータ漏えいを防止するためのガイダンスを発表しました。このガイダンスは、政府機関や民間企業がランサムウェア攻撃やそれに伴うデータ漏洩を防止することを目的としています。

「すべての組織は、ランサムウェアの被害に遭うリスクがあり、システムに保存されている機密データや個人データを保護する責任があります。このファクトシートは、重要インフラ組織を含むすべての政府機関および民間企業に対し、ランサムウェアによるデータ漏えいの防止と対応に関する情報を提供するものです」とCISAのガイドラインに記載されています。

"CISAは、組織が意識を高め、勧告を実施することを奨励する"

同局は、サイバー攻撃を防ぐための以下の提言を含むファクトシートを発表しました。

  • オフラインで暗号化されたデータのバックアップを維持し、定期的にバックアップをテストする。政府の専門家は、定期的にバックアップを実行することを推奨しています。バックアップは、その完全性を確認するために定期的にテストする必要があります。ランサムウェアの系統などの脅威がバックアップを暗号化するのを避けるために、バックアップをオフラインで維持することが不可欠です。

  • 基本的なサイバーインシデント対応計画回復力計画、および関連する通信計画を作成、維持、および実施する。米国政府機関は、ランサムウェアのインシデントに対する対応と通知の手順を含むべきサイバーインシデント対応計画を定義することの重要性を強調しています。また、政府の専門家は、被害者が重要な機能へのアクセスやコントロールを失った場合に備えて、業務を準備するためのレジリエンスプランの作成を推奨しています。

  • インターネット上の脆弱性や設定ミスを緩和し、攻撃対象を減らす。組織は、リモート・デスクトップ・プロトコル(RDP)やその他のリモート・デスクトップ・サービスを監査し、それらのサービスのベストプラクティスを推進する必要があります。使用されていない RDP のポートを閉じること、特定の回数の試行後にアカウントをロックアウトすること、多要素認証 (MFA) を適用すること、RDP のログイン試行をログに記録することなどが重要です。組織は、定期的に脆弱性スキャンを実施し、インターネットに接続するデバイスの脆弱性を特定して対処する必要があります。CISAは、インターネットに接続するシステムのソフトウェアを更新し、効率的なパッチ管理プロセスを実施することを推奨します。また、システムの設定を慎重に行い、業務で使用しないポートやプロトコルを無効にする必要があります。専門家は、SMB(Server Message Block)プロトコルのインバウンドおよびアウトバウンドを無効化またはブロックし、古いバージョンのSMBを削除または無効化することも推奨しています。

  • 強力なスパムフィルターを有効にし、ユーザーの意識向上とトレーニングプログラムを実施することで、エンドユーザーに届くフィッシングメールのリスクを軽減することができます。フィッシングの疑いを識別し、報告する方法を従業員に教育することが重要です。

  • 最新のアンチマルウェア・ソリューションとアプリケーションの使用、アプリケーション・ホワイトリストの導入、ユーザーおよび特権アカウントの制限、多要素認証(MFA)の有効化、サイバーセキュリティ・ベスト・プラクティスの実施など、優れたサイバー・ハイジーンを実践する。また、CISAは、MFAをサポートするすべてのサービスでMFAを有効にすることを推奨します。MFAは、ウェブメール、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)、および重要なシステムへのアクセスを許可するアカウントを保護するために非常に重要です。
また、このファクトシートでは、組織が顧客や従業員の機密データを保護することを推奨しています。

CISAは、組織に以下を推奨します。
  • 組織のシステムにどのような個人情報や機密情報が保存されているか、誰がその情報にアクセスできるかを把握する。

  • 米連邦取引委員会(Federal Trade Commission)の個人情報保護に関するガイドに記載されている物理的なセキュリティのベストプラクティスを実施する。

  • 機密性の高い個人情報が保存されているコンピュータやサーバを特定し、保存中および転送中の機密情報を暗号化し、悪意のあるまたは不要なネットワークトラフィックからネットワークやシステムを保護するためにファイアウォールを導入するなど、サイバーセキュリティのベストプラクティスを実施します。また、米国政府機関は、組織はネットワークセグメンテーションの適用を検討すべきであるとしています。

  • サイバー・インシデント対応およびコミュニケーション・プランに、データ侵害インシデントに対する対応と通知の手順が含まれていることを確認する。
CISAでは、サイバーインシデント対応計画の実施について、以下のような対応をとることを推奨しています。

  • 影響を受けたシステムを特定し、直ちに隔離することで、ネットワーク運用の安全性を確保し、さらなるデータ損失を防ぎます。影響を受けたシステムをオフラインにすることができない場合は、ネットワークケーブルを抜いたり、Wi-Fiから外したりして、ネットワークからシステムを切り離します。影響を受けた機器をネットワークから取り除くことができない場合や、ネットワークを一時的に停止することができない場合は、インシデントを回避するために、それらの機器の電源を切ります。

  • その後、影響を受けたシステムの復旧・回復のためにトリアージを行い、重要度に応じて優先順位をつけます。

  • 行われた活動を記録し、予備的な分析を行う。脅威となる人物に身代金を支払ってはならない。このガイドラインでは、社内外のチームや利害関係者を巻き込んで、影響を受けた組織がセキュリティ侵害を緩和し、対応し、回復するためにどのような支援ができるかを伝えることを提案しています。組織は、影響を受けたシステム上の関連するログやアーティファクトを収集し、それらを分析することで、侵害の指標を抽出し、それを用いて感染の程度を判断する必要があります。

  • もちろん、米国政府機関は、ランサムウェアの被害者がCISA、最寄りのFBI支部、FBIインターネット犯罪苦情処理センター、または最寄りの米国シークレットサービスの事務所に事件を報告するよう呼びかけています。

CISAは7月、CISAのサイバーセキュリティ評価ツール(CSET)のための新しいランサムウェア自己評価セキュリティ監査ツール「Rransomware Readiness Assessment(RRA)」を公開しました。RRAは、組織が情報技術(IT)、運用技術(OT)、産業用制御システム(ICS)の各資産に対するランサムウェア攻撃にさらされているレベルを判断するために使用することができます。