2024/02/13

【セキュリティ事件簿#2024-019】滋賀レイクス Googleフォーム誤操作による企画申込者の個人情報漏えいについて


1月23日に発信したフードメニューの購入事前予約受付において、WEBフォームの設定ミスにより、申込者22名の個人情報が一時的に他の申込者から閲覧できる状態となっておりました。
対象となった皆様に、多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

概要

株式会社滋賀レイクスターズでは、1月31日のホームゲームで数量限定で販売予定のフードメニュー「ダンク3兄弟 トマホークステーキ」のオンライン時前予約の受付を、23日午後6時40分頃に一般公開いたしました。
その際、受付に使用したGoogleフォームの設定で「結果の概要を表示する」をONに切り替えた状態で公開しており、申込画面で記入事項を送信した後に画面表示される「前の回答を表示」というボタンを押すと、その時点で申込が完了している方の氏名、メールアドレス、電話番号が閲覧できる状態となっておりました。

弊社の公式WEBサイト問い合わせフォームより本件の指摘があり、事態を認識した弊社スタッフが同日午後10時30分頃に設定切り替えを行いましたが、その時点までに申込をいただいていた22名の個人情報が一時的に申込者から閲覧できる状態でした。

なお、設定切り替え以降は、閲覧可能な状態は解消されております。

弊社対応

24日に、対象となる22名へ電子メールと個別の電話により、事態のご説明とお詫びの連絡を行っております。
また、弊社がGoogleフォームで運用しているWEBフォーム受付を全社的に確認し、同様の誤設定はなかったことを確認しております。

原因 

Googleフォームで申込フォームを作成後、担当者が「結果の概要を表示する」をONにする誤操作を行っておりました。社内では質問項目のダブルチェックを行っておりましたが、デフォルト設定では当該設定はOFFであるため、全設定が正常であるかの確認は十分に行われておりませんでした。

再発防止策

再発防止に向けて、個人情報の収集および管理の際に遵守すべき事項を、改めて全社員に周知徹底してまいります。
また、今後も継続的に個人情報保護および情報セキュリティ教育を徹底し、情報管理への感度の引き上げを図るとともに、全社的な情報管理体制の強化に取り組んでまいります。