2021/03/07

旅行者に肛門コロナウイルス検査を要求する中国 / China Requiring Anal Coronavirus Test For Travelers(転載)


China Requiring Anal Coronavirus Test For Travelers:

おいおい、ここで鼻コロナウイルス検査は不愉快だと思っていたのに。

中国の物議を醸す肛門コロナウイルス検査

中国の国境は外国人に対して大きく閉鎖されており、海外から到着した者には厳しい監視検疫が課せられます。現在、検疫は最大21日までとなっているだけでなく、検疫期間中に何度かの検査が行われています。

最近になって、中国はある空港で一貫してCOVID-19の肛門検査を要求しているようで、観光客や外交官などから苦情が寄せられていると報じられている。日本政府は最近、一部の日本の訪問者がこの検査のために「大きな心理的苦痛」を経験したと述べた後、この政策について不満を表明した。

この方法では、滅菌綿棒を肛門に3~5センチ(1.2~2インチ)挿入してから回転させて除去します。代替案として、また、いくつかの政府からの反対のために、選ばれた外国人訪問者は現在、便のサンプルを提出することが許可されています。

肛門コロナウイルス検査は鼻からの検査に加えて、例えば21日間の検疫期間中は、鼻からの検査2回と肛門からの検査2回の両方を受けるのが普通です。

なぜアナル?

このような肛門検査を使用する理由は、コロナウイルスの痕跡が呼吸器よりも肛門内の方がはるかに長く検出できるからであると言われています。ウイルスは呼吸器よりも肛門内の方が長く生きているため、肛門検査では偽陰性が少ない可能性があることを意味します。

一般的には、まず呼吸器検査を行い、その後数週間で肛門検査を行うのが一般的な方法のようです。しかし、検査が陽性だからといって、必ずしも誰かがウイルスを拡散するとは限りません - 複製できない不活性な痕跡も陽性を示す可能性があると考えられています。

ボトムライン

中国の国境はほぼ閉鎖されているが、海外から到着した者は最大21日間の検疫を受けるだけでなく、複数の肛門コロナウイルス検査を受けるように求められている。これは、綿棒を肛門から3~5センチほど挿入し、ねじって取り出します。

この検査方針がいつまで続くのか興味津々です。コロナウイルスを嗅ぐ犬が将来の検査になることを期待して、これらの肛門検査ではなく...

Posted in ,  on 3月 07, 2021 by B-SON |