2020/08/02

【転載】Windows 10 のストレージセンスを使用してディスク領域を解放する方法

Windows 10 のストレージセンスを使用してディスク領域を解放する方法:

Windows

Windows では、ユーザーは常に一時ファイル、ごみ箱、ダウンロード フォルダの内容を空にすることで、ストレージ領域を解放できます。Windows 10 では、マイクロソフトは 「ストレージセンス」と呼ばれる新しい自動機能を使用して、物事を少し簡単にしました。

この機能は、ごみ箱内の一時ファイルやコンテンツなどの不要なファイルを自動的に削除し、必要に応じて空き領域を増やします。

ストレージセンスの使い方

ストレージセンスの使用を開始するには、[設定] アプリ > [ストレージ] に移動します。サブ見出しの「ストレージ」の下で、ストレージセンスオプションのスライダーをオンにします。一度アクティブ化すると、ストレージセンサーが動作を開始します。

Storage Sense

ここで、設定を確認するには、「ストレージセンスを構成するか、今すぐ実行する」というタイトルのリンクをクリックする必要があります。

ストレージセンスの設定ページは非常に基本的なものであり、ここで何かを変更する多くのオプションはありません。

たとえば、ストレージセンスを実行するには、次のオプションがあります。

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • 空きディスクの空き領域が少ない間 (既定)
Storage Sense

[一時ファイル] の下の [ごみ箱とダウンロード] フォルダ オプションを有効にすることもできます。有効にすると、30 日ごとにごみ箱とダウンロード フォルダが空になります。

ローカルで利用可能なクラウド コンテンツ

また、[ストレージセンス] ページの [ローカルで利用できるクラウド コンテンツ] セクションを使用して、OneDrive に既に保存されている未使用のファイルを削除することもできます。

この機能を使用するには、[次の数以上開いていない場合はオンラインのみになる] セクションで、コンピュータから削除する前にファイルを開いていない日数を選択する必要があります。これは、OneDrive と既に同期されているファイルにのみ影響します。

OneDrive

たとえば、ストレージセンスを毎週実行し、ファイルオンデマンドの14日間のウィンドウを選択できます。

Storage Sense locally available

これにより、Storage Sense を週に 1 回実行し、過去 14 日間に使用していないファイルを自動的に識別し、OneDrive ストレージを使用してそれらのファイルをオンラインでのみ利用できるようになります。

ご覧のとおり、Storage Sense は、空き領域を解放するためにコンピュータから不要なファイルを削除する使いやすい方法を提供しています。これは、容量の制限付き SSD ドライブ上で実行されている小さな C: ドライブに特に便利です。



ーー以下原文ーー



Windows
Windows has always allowed users to free up storage space by emptying temporary files, recycling bin, and the downloads folder's contents. With Windows 10, Microsoft has made things a little bit easier with a new automated feature called 'Storage Sense.'
This feature automatically removes unnecessary files, such as temporary files and content in the Recycle Bin, to free up space as necessary.

How to use Storage Sense

To start using Storage Sense, head to the Settings app > Storage. Under the sub-heading 'Storage', turn the slider for Storage Sense option to on. Once activated, Storage Sense will start working.
Storage Sense
Now, you need to click on the link titled "Configure Storage Sense or run it now" to review the settings.
The configuration page of Storage Sense is very basic and you don't have a lot of options to change anything here.
For example, you have the following options to run Storage Sense:
  • Every day
  • Every week
  • Every month
  • During low free disk space time (default)
Storage Sense
You can also enable Recycle bin and Downloads folder option under the Temporary Files subheading. When enabled, every 30 days your Recycle Bin and Downloads folder will be emptied.

Locally available cloud content

You can also use the “Locally available cloud content” section on the Storage Sense page to remove unused files that are already stored on OneDrive.
To use this feature, under the 'Content will become online-only if not opened for more than:' section you need to select the number of days that a file has been unopened before it is removed from a computer. This will only affect files that are already synchronized with OneDrive.
OneDrive
For example, you can let Storage Sense run every week and select a 14-day window for Files On-Demand.
Storage Sense locally available
This will allow Storage Sense to run once a week, automatically identifying files that you haven’t used in the past 14 days, and make those files be available online only by using your OneDrive storage.
As you can see, Storage Sense offers an easy to use method to remove unnecessary files from your computer to free up space. This is especially useful for small C: drives that may be running on limited capacity SSD drives.
Posted in ,  on 8月 02, 2020 by B-SON |