2019/10/09

スマホ証券「One Tap BUY」のメリットデメリット


One Tap BUYというスマホ証券がある。

個人的にはスマホでオンラインバンキングやオンラインショッピングというのが理解できない世代なのだが、今の若い人はスマホは使うけどパソコンは使わない人のほうが多いらしいので、そういうご時世ということで。

スマホ証券という時点で個人的には残念な感じしかないのだが、米国株投資に関しては、他の大手オンライン証券にはない独特な特徴がある様である。

メリットデメリット等をまとめてみたい。

【メリット】

■小額(千円)から取引出来る

米国株は日本株と違って1株から取引できるが、千円から取引できるというのは初心者に優しい気がする。

■積み立て購入が可能

これ、実はかなり大きいメリット。米国株を積み立て購入できるのはここだけなのではないだろうか。

ドルコスト平均法を活用してコツコツ購入していくことができる。



【デメリット】

■取り扱い銘柄が少ない

■手数料がちょっと高い(大手オンライン証券会社と比較して0.05%割高)

■指値注文とかができない

--

少額から米国株に投資できるのはとても魅力的。

親の管理が前提となるが、未成年でも口座が作れるため、子供の口座を作り、米国株をお年玉としてプレゼントすれば、投資教育にもなるかもしれない。

個人的には同じプレゼントでも、現金を消費するより、米国株でプレゼントしたほうが遥かに精神衛生上良い。

気になった点としては、少額で投資を始めるのはいいとして、出口戦略をどうするかかな。

投資にある程度慣れてスキルアップしてくると、少しでも良い条件で購入したくなってくる。

つまり、指値注文とかを駆使したくなってくるタイミングがいずれやってくることになるが、One Tap BUYは初心者向きゆえ、そのような高度な注文には対応していない。

そうなると、別の証券会社に移行することになるが、その場合の手数料とかってどうなんだろう?
Posted in  on 10月 09, 2019 by B-SON |