2019/10/08

PaaSとIaaS


恥ずかしながら、PaaSとIaaSの違いを混同していたことが判明したため、再整理。


PaaSとは?

Platform as a Serviceの略。

アプリケーションソフトが稼働するためのデータベースやプログラム実行環境などが提供されるサービス。

プログラムだけを用意すればよいというメリットがある一方、データベースの設定やプログラムの実行環境に制限があるので、開発の自由度は下がる。

インフラから開発する手間を省きたいけれど、ある程度カスタマイズしたいというときに利用するのが良い。

例:Google Apps Engine、Microsoft Azure


IaaSとは?

Infrastructure as a Serviceの略。

情報システムの稼働に必要な仮想サーバやハードディスク、ファイアウォールなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態。

SaaSやPaaSなどと違って自由度が高く、ハードウェアのスペックやOSを好きなように選べる。

その分、OSやハードウェア、ネットワークの知識が必要となり、セキュリティ対策も当然必要。

例:Google Compute Engine、Amazon Elastic Compute Cloud(AWS)
Posted in  on 10月 08, 2019 by B-SON |