2019/10/17

コインチェックの貸仮想通貨サービス

アセットアロケーションの一環で少しだけ仮想通貨を保有しています。(保有比率は諸説あるけど、個人的には現在コモディティと同じ扱いで全体の10%未満にしている)

僕の仮想通貨との出会いのきっかけは、実は、アセットアロケーションの師匠でもある内藤忍さんだったりする。

2014年に、内藤忍さん共催の仮想通貨(リップル)セミナーがありました。

有償のセミナーだったんだけど、払ったお金分リップルがもらえる(確か1,500円くらい)という特典付だった。

その時貰ったリップルは気にも留めていなかったのだが、当時のウォレットであった、リップルトレードが2016年に終了となり、リップルのサルベージを行ったところ、80,000円(約40倍)の価値になっていた。

リップルトレードからのサルベージに相当苦労したこともあり、リップルを見限って全額をビットコインに変えました。

2017年後半から空前の仮想通貨(現 暗号資産)ブームが始まり、保有するビットコインの半分をイーサリアムに変え、ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)投資にチャレンジしたが、一つとしてヒットすることなく、投下したイーサリアムはほぼ壊滅してしまった。。。

で、難を逃れた残り半分のビットコインは現在も継続保有している。

あまりリスキーな投資をするつもりはないのだが、暗号資産は金と同じで保有するだけでは資産が増えない。

そこで登場するのが貸仮想通貨(レンディング)サービスである。

貸仮想通貨は、要は預貯金と同じで、預けて満期になると金利がついて返ってくるというもの。

コインチェックが、結構前からこの貸仮想通貨のサービスを行っている。

ネム流出事件が起きてからは、会社存続の危機もあり、怖くて預ける気にもならなかったが、マネックスグループ傘下となったことから、安心感が増し、5月に申し込みを行った。

人気で殺到しているのか、運用難で受付できない状態なのか、5ヶ月たっても運用が開始されない。


コールドウォレットに入れたところで、資産は増えないので、気長に待ちます。。。

気長に待つけど、不正アクセスによる流出だけはまじ勘弁。
Posted in  on 10月 17, 2019 by B-SON |