2021/01/03

マイクロソフトはWindows 10のAndroidサブシステムに取り組んでいる / Microsoft is working on an Android subsystem for Windows 10(転載)


Microsoft is working on an Android subsystem for Windows 10:

マイクロソフトは、AndroidアプリケーションをWindows 10上で実行できるようにする、Linux用のWindowsサブシステムに似たサブシステムを作成していると報じられています。

約70%のモバイル市場シェアを持ち、iOSとは異なり、オープンアプリのエコシステムであることから、Androidのサポートを直接Windows 10に持ち込まないのは間違いだろう。

Microsoftはこのことに気付いており、すでにYour PhoneアプリとサポートされているAndroidデバイスを使って、Windows 10でAndroidアプリを起動するための限定的なサポートを開始しています。しかし、Your Phone経由でのAndroidアプリの起動は、Windows 10でアプリを実行するのではなく、携帯電話からのストリーミングによって行われます。


Windows CentralのZac Bowden氏によると、MicrosoftはWindows 10用の新しいサブシステムに取り組んでおり、AndroidアプリをMicrosoftストア経由で配布し、仮想化された環境で実行できるようになるという。

"Microsoftは、アプリ開発者がAndroidアプリをMSIXとしてパッケージ化し、開発者がMicrosoftストアに提出できるようにすることで、コードをほとんど変更せずにWindows 10に持ち込めるようにするソフトウェアソリューションに取り組んでいます。"とWindows Centralが報じています。

この新しい取り組みは「Project Latte」と呼ばれ、Windows Subsystem for Linux(WSL)と同様に、Windows 10内で直接実行される仮想化されたAndroid環境を構築するという。

最大の障害となるのは、Androidアプリに求められるグラフィカル・ユーザー・インターフェースだが、『WSL 2』のリリースに伴い、マイクロソフト社は『WSL-G』、つまり『WSL - Graphics Architecture』と呼ばれるプロジェクトに取り組み始めている。このプロジェクトでは、内蔵のWaylandディスプレイサーバーを利用して、LinuxのGUIアプリをWindows 10のユーザーインターフェイスで直接実行できるようにしている。

MicrosoftのSteve Pronovost氏によるXDC 2020の講演では、Microsoftが作成している新機能「WSL-G」についてさらに詳しく説明している。

WSL-Gコンポーネントか何かを含むWSLをAndroid OSを動かすために移植すれば、Windows 10で仮想化されたAndroidアプリを動かすことができるようになる。

Bowden氏は、この新しいサブシステムがGoogle Playをサポートする可能性は低いと述べているが、それはGoogleがこのサービスを非ネイティブのAndroidやChromeOSデバイスにインストールすることを許可していないからだ。

しかし、Androidアプリのオープンアーキテクチャにより、開発者はAndroidアプリをパッケージ化し、Microsoft Storeを通じて配布することができるようになる。残念ながら、これは、悪意のあるAndroidアプリがGoogleにとって悪夢となっているため、Microsoftは提出されたパッケージのマルウェアのレビューにもチームを割かなければならないことを意味している。

Posted in ,  on 1月 03, 2021 by B-SON |