2022/04/19

13万ドルで市民権が得られる「サトシ島」 / Satoshi Island: 'Crypto paradise' where citizenship costs $130,000


サトシ島は3200万平方フィートのプライベートアイランドで、手つかずの海、一年中降り注ぐ日光、モジュール式の家、そして分散型民主主義の約束が手に入るのです。

サトシ島はフィクションではなく、暗号資産コミュニティに捧げられた現実のプライベートアイランドなのです。

2023年から始まる、暗号通貨好きが集う場所

オーストラリアとフィジーの間に位置する熱帯の楽園バヌアツにあるこの島は、Satoshi Island Holdings Ltd.によって所有され、「世界の暗号資産の首都」として、暗号資産の愛好家や専門家が繁栄する場所にすることを意図しているそうです。

この島の名前は、ビットコイン(BTC)の開発者とされるサトシ・ナカモトにちなんでいる。

「バヌアツ首相と財務大臣から認可を受け、何年もの準備期間を経て、サトシ島は暗号資産経済とブロックチェーンベースの民主主義を実現するための準備が整いました」と同社は述べており、将来的には「分散型自治組織」として運営されることを予見しています。

先週行われたCointelegraphのインタビューで、デニス・トロヤック、ジェームズ・ロー、タラス・フィラトフ、ベンジャミン・ネロのSatoshi Islandチームは、この暗号資産の楽園は、すべてが暗号通貨で支払い、購入できる「真の暗号資産経済」になると述べています。この島の資産の所有権はすべて、ブロックチェーンを利用したNon-Fungible Token(NFT)で表現される予定です。

現在、モジュール式住宅を建設中で、2023年から世界に門戸を開く予定です。


「現実に映し出されたメタバース」

NFTのようないわゆるモジュール式住宅が、デジタル世界だけに存在すると思ってはいけないのです。すべての住宅は「Satoshi Island Land NFT」となり、NFTのように取引することができるのです。

「サトシアイランドは、デジタルの所有権をフィジカルに変える方法を導入し、NFTの進化における次のステップを踏み出そうとしています」と同社は説明します。

"従来の不動産の譲渡に伴う複雑な手続きなしに、簡単に売買できるSatoshi Island Land NFTを取得することで、誰でも島の一部を所有することができます。"

しかし、NFTの保有者は、バヌアツの公式な土地登記簿で、デジタルな権利を物理的な文書に変えることができると、創設者は説明しています。

そして、これだけでは終わりません。この島の壮大な計画には、暗号資産に焦点を当てたイベントを一年中開催し、暗号資産プロジェクトを収容し、世界中の暗号資産愛好家のために場所を集めることも含まれています。

市民権NFTは無料、市民権取得には13万ドルかかります

Satoshi Islandの創設者は、「永住権を持つ居住者」になりたい世界中の暗号愛好家から、5万件を超えるビザ nonfungible token (NFT) 申請が殺到していると述べています。

そして、Satoshi IslandのNFT「市民」になった人々は、さらに、2022年の第4四半期に設定された初期の「プライベートオープニング」を楽しむことができます。これは、島の国境がNFT市民権保持者に短期間の旅行で開放される時です。


また、NFT市民は、島を統治する政策について投票する権利を得ます。1つの財布に1つの市民権を持つことができ、そのNFTは1票としてカウントされます。また、NFT Mints & Airdropsは、このような市民に与えられるもう一つの特典です。「市民権NFTを保有するアドレスは、自動的にホワイトリストに登録され、Satoshi IslandのすべてのNFTミントとエアドロップに早くアクセスできるようになります」と同社は説明します。

ただし、ビザや市民権のNFTは、それ自体が、政府による別のビザ手続きを伴う島への移住許可を表すものではなく、またそれ自体でもないことに注意してください。

サトシ島NFTの市民権は誰でも今日から申請できますが、それは口語で理解されている「市民権」という言葉と混同しないでください。

島のウェブサイトには「サトシ島民権NFTはバヌアツの市民権とは関係ありません」と明記されており、同社はその事実を補強する説明文をツイートしています。

バヌアツ共和国への入国が許可されており、政府発行の有効なビザ、またはバヌアツへのビザなし渡航を許可している130カ国のパスポートを所持していれば、サトシ島の市民権NFTを所有しているかどうかにかかわらず、誰でも入国できるものとします。

バヌアツ共和国は、投資ルートによる市民権申請手続きを別途行っており、その費用は申請者一人につき最低でも130,000米ドルかかります

「"サトシ島市民権NFT "と "バヌアツ市民権 "は別物であることを覚えておいてください。しかし、バヌアツには、第二のパスポートを求める人々のために、定評ある投資による市民権プログラムがあります」と、島チームは説明します。

このプログラムを利用する場合、Satoshi Island Citizenship NFTは、バヌアツ投資移住局の迅速な手続きを利用することができます。

しかし、暗号通貨やNFTのような不安定な金融資産を扱う新規事業は、バヌアツ首相の承認を得たとはいえ、実現しないことも含め、常に固有のリスクを伴います。

2022年1月には、Crypolandと同様のベンチャー企業、「暗号通貨愛好家のための熱帯の楽園」が、1200万ドルの取引でフィジーのリゾートを確保できず、破綻している。

さらに、バヌアツ政府の政策により、「NFT市民」にどのような法的保証や権利が与えられるのか、まだわかっていません。このように、Satoshi Islandの壮大な計画が実現するまでは、お金を払っても受け取れない商品やサービスによって損をするリスクがあります。

出典:Satoshi Island: 'Crypto paradise' where citizenship costs $130,000: