2020/02/13

情弱者向け金融商品のご紹介


投資の師匠である内藤忍先生の記事から。

そういえば昔カンボジアの銀行に米ドルを定期で預けると年利6%付くとか言って、カンボジアまで1,000ドル預けに行った事がある。

預けた銀行は当時SBIの資本が入っていたのだが、預けた1年後にSBIが提携解消してしまい、併せて自分も預金を引き揚げた。

1年の預け入れだったが、ちゃんと6%くらいの金利がついていて、感動した。

んで、今回はそんな6%をはるかに超える9%である。

カンボジアまで行かなくても日本でいいじゃん

と思ってしまう。

しかし、

日本で9%の金利って話がうますぎる気がしないだろうか?

内藤忍先生によると、小さいフォントの中にたくさんのトラップが仕掛けられているのだとか。

■年利9.05%といっても、適用されるのは1ヵ月定期だけ。

■1米ドルあたり為替手数料が、片道最大50銭。

為替手数料が片道50銭!!

往復で1円!!!!

例えば、1万ドル預けた場合の受け取り金利は10,000ドル× 9.05% × 30日÷365日× 79.685% = 約59.27ドル(税引き後)となる。

しかし、これに為替手数料が片道50銭取られると、往復で1円。

つまり、10,000ドルの外貨預金に、為替手数料が10,000円かかることになる。

つまり、このキャンペーン金利で、1ヶ月だけ運用した場合、為替が円高に変動しなくても、元本割れすると。。。。

ひでぇ。

こんなことやっているから、銀行は「オワコン」って言われるんだよ。

って思った。
Posted in  on 2月 13, 2020 by B-SON |