2020/08/21

【転載】損失と乗客数不足にもかかわらず、2020年にアラスカ航空がワンワールド・アライアンスに加盟

アラスカ航空は4億3,900万ドルを減少、2020年末までにワンワールドに参加する計画:

alaska-airlines-1000x600.jpg

航空業界の報告の大きな日に、アラスカ航空は3つの報告航空会社の中で最高のパフォーマンスを発揮しました。シアトルに本拠を置く航空会社は、COVID-19パンデミックのために2020年第2四半期の純損失4億3,900万ドルを発表しましたが、2020年末までにOneworldアライアンスに加盟する予定です。

アラスカ航空グループは、2020年7月23日に3つの航空会社が第2四半期の財務を報告した最高の結果を報告しましたが、COVID-19パンデミックによる損失が最も低かったためです。プレスリリースでは、航空会社は、希薄株1株当たり3.54ドルの損失のために、2020年6月期の特別相殺額4億3,900万ドルを除く報告された純損失を報告しました。

2019年第2四半期とは異なる損失

給与サポートプログラムの資金やマーク・トゥ・マーケットの燃料ヘッジ会計調整を含む特別な考慮事項を追加すると、航空会社はGAAPの報告された純損失はわずか2億1400万ドルだったと述べています。しかし、航空会社が2億6,200万ドルを稼いだ2019年の同時期とは依然としてほぼ完全に反対でした。

アラスカ航空は、損失に焦点を当てる代わりに、3月の燃焼率を月額4億ドルから6月までに月額1億2000万ドルに減らすための措置を報告しました。航空会社は、彼らの艦隊から89本の主要な航空機を接地し、彼らの給与から300の管理職を排除しました。さらに、航空会社は、費用を削減し、流動性を最大化するために、最前線の労働者とパイロットのための早期プログラムを提供しています。

彼らの報告された流動性の一部は、創造的な資金調達と並んで、政府の支援から来ています。航空会社は、航空会社のサービス子会社マギー・エア・サービスに3,000万ドルを含む合計12億ドルの給与サポートプログラムサポートを受け入れました。追加の現金は、同社の艦隊の61機体によって確保された強化された機器信託証明書の12億ドルのラウンドを含む航空機の資金調達から来ました。アラスカ州はまた、連邦政府からCARES法ローンでさらに11億ドルを受け取るオプションを持っています。

損失と乗客の不足にもかかわらず、アラスカは2020年にワンワールドに参加します

乗客はCOVID-19パンデミックのために空中に連れて行っていません、そしてアラスカも例外ではありません。過去3ヶ月間、アラスカ州は3ヶ月間に約150万人の収益旅客を飛ばしただけで、2019年の同時期と比較して87.7%減少しました。したがって、この期間の負荷率はわずか38.4%で、前年同期からほぼ50%減少しました。

しかし、アラスカには明るいスポットがいくつかあります。航空会社は38億ドルの現金を保有しており、負債資本比率は51%です。アラスカはまた、2020年7月23日にグローバル航空アライアンスOneworldへの参加を要請し、年末までにアライアンスに完全に参加することを目標に、提案されたタイムラインを急速に上げました。

アラスカ航空グループのブラッド・ティルデン最高経営責任者(CEO)はプレスリリースで、「航空会社は現在、航空史上最大の需要収縮をナビゲートしている」と述べた。「このような瞬間にテストされることは、性格を明らかにし、私たちの人々がグリット、決意と忍耐力で毎日対応している方法のために、私たちの将来に自信を持っています。それが、この危機を乗り越えて、私たちの航空会社と私たちの国を運ぶ資質です。



ーー以下原文ーー





alaska-airlines-1000x600.jpg
In a big day of reporting for the aviation industry, Alaska Airlines performed the best of all three reporting airlines. The Seattle-based carrier announced a net loss of $439 million for the second quarter of 2020 due to the COVID-19 pandemic, but plans on joining the Oneworld alliance before the end of 2020.
Alaska Airlines Group reported the best results of the three airlines reporting second quarter financials on July 23, 2020 – but only because they had the lowest losses due to the COVID-19 pandemic. In a press release, the airline reported a reported net loss excluding special offsets of $439 million for the quarter ending June 2020, for a lost of $3.54 per diluted share.

Losses Diametrically Different from Second Quarter 2019

When adding in special considerations, including funds from the Payroll Support Program and mark-to-market fuel hedge accounting adjustments, the airline says their GAAP reported net loss was only $214 million. However, the results were still almost the complete opposite from the same time period in 2019, when the airline earned $262 million.
Instead of focusing on the losses, Alaska Airlines reported the measures they took to reduce their burn rate from $400 million per month in March, to only $120 million per month by June. The airline grounded 89 mainline aircraft from their fleet, and eliminated 300 management positions from their payroll. In addition, the airline is offering early-out programs for frontline workers and pilots, in order to reduce expenses and maximize liquidity.
A portion of their reported liquidity comes from government support, alongside creative financing. The airline accepted a combined total of $1.2 billion of Payroll Support Program support, including $30 million to airline services subsidiary McGee Air Services. Additional cash came from financing on aircraft, including a $1.2 billion round of enhanced equipment trust certificates secured by 61 airframes in the company’s fleet. Alaska also hast the option to take an additional $1.1 billion in CARES Act loans from the federal government.

Despite Losses and Lack of Passengers, Alaska Will Join Oneworld in 2020

Passengers aren’t taking to the air due to the COVID-19 pandemic, and Alaska is no exception. Over the past three months, Alaska only flew around 1.5 million revenue passengers in the three-month period, a decrease of 87.7 percent compared to the same period in 2019. Accordingly, the load factor over that period was only 38.4 percent – almost a 50 percent drop from the same quarter last year.
However, there are some bright spots for Alaska. The airline is holding $3.8 billion in cash, with a debt-to-capitalization ratio of 51 percent. Alaska also received their formal invitation to join global airline alliance Oneworld on July 23, 2020, with the goal of fully joining the alliance by the end of the year, rapidly moving up their proposed timeline.
“Airlines are currently navigating the biggest demand contraction in the history of aviation,” Alaska Air Group CEO Brad Tilden said in a press release. “Being tested in moments like this reveals character, and I’m confident in our future because of the way our people are responding every day with grit, determination and perseverance. Those are the qualities that will carry our airline and our country through this crisis and beyond.”